Home > Archives > 2010年09月

2010年09月

過去の栄光はこっそりポケットにしまっておこう

 「ブログよく見てます!」と言われることが多い。ここ最近更新少ないねーって、吠えられることが常である。先日発表したプレゼント企画の備考欄に同じようなことが書かれることも多い。

 あれだけえっちだったネクソン社員のS氏も、最近ではめっきり応答がなくなっているから、これも過ぎ去りき時代なんだなぁと実感した始末ですね。X-BEATもAuditionもなかなか手が出ない状況が続いているんだけど、久しぶりにやるとたしかに楽しいゲームではあるね。

 でもやっぱり有名な音楽がないから、盛り上がらない。正直、有名な曲が入っていてもそれを大々的に宣伝しない限り意味がないと思うんだけどねぇ・・・。

長引く不況の中、プレゼントイベント実施中。

 現在、久しぶりのツンデレオーディションプレゼントイベント実施中
 好きなオーディションオリジナル曲(X-BEAT含む)を選ぶだけで、プレゼント権利が獲得出来ます。プレゼントがいらないと思う方も一応、抽選権利を外した応募もできますので、アンケートにご協力いただければ幸いです。
 気になる商品は、AuditionPSP(日本で入手不可)、Audition攻略本(日本で入手不可)、WebMoney、初音ミク(Windowsソフト)などあります。商品の詳細は過去にたくさん語っているので、このブログで検索して下さい。今回は応募期限は付けておらず、最大応募数が10,000通を超えた時点で募集締め切り。実際はX-BEATユーザーはそんなにいないので、適当に区切って終了とします。

 実は好きなオーディションオリジナル曲のアンケートは以前は、2009年3月に行いました。圧倒的にリズミィから始めたユーザーが多いのですが、現在応募されている途中集計結果を見てみると、ダンシングパラダイスから始めたユーザーの方が比率が去年より高くなっている様子。改めて結果はこのブログにてお知らせしますが、やはり今回も「Give it up」が強いです。古いユーザーには思い出のある曲なのでしょうが、
 そして、新曲も続々登場中。今回トップ10に「X Girlfriend」が入るかなー。予想していた「Kiss Kiss」はギターモード専用曲とあって、まだX-BEATに入っていないので、思ったより順位が伸びてない。Beat Upユーザーに人気があるからか、「Hands Up!!!」も確実にトップ10に入りそう。
 応募の際は、オーディションオリジナル曲全曲を視聴出来ますので、じっくり選んでご応募ください。

未来へのアカシックレコードは、残酷だった。

 ちょっと最近ブログ的な話をしていない。本来プライベートに関してはブログストーカーなどを考慮して(以前、内容証明が来た件についてはここでは詳しく語ってないかもしれないが、ストーカーでもなんでもなく無事収束した)書いていなかったので、私の夢を書いてみたいと思う。

 一番小さい頃、私がなりたい職業は「警察官」だった。しかし、その夢は断念した。元々スポーツ系が苦手だった当方は、柔道だとか空手だとかそういった体を動かすことが苦手だったのだ。警察官とは体を動かすことを知らなかったのである。とはいってもこのなりたい職業を決めたのは本当に幼稚園の時のこと。
 しばらくすると、小学校の頃にコンピューターをいじる職業をやりたいと思った。だから、システムエンジニア(通称 SE)になろうと考えた。みなさんがご存知の通り、私は現在職業はSEである。プログラムを打つだけでなく、設計書を書き、はては工数見積もり/客先へ出す工数/概算等まで算出する始末である。毎日自分の知識が溜まっていくのが面白い分、1日8時間労働は私には辛いと考えるようになった。そうでなくてもこの業界は、残業が多い業界である。
 しかし、それとは別にやりたいことがあった。コンサートスタッフとしてのアルバイトで、バックに大きなスクリーンに自由にカメラワークや映像などをタイミングよく流す役もやりたかった。しかし、実はコンサートやクラブハウススタッフとして、アルバイト(というか友人の手伝い)を行った時、客の裁きとボタンがたくさんあって断念した。フェード一つにしても色々設定できておもしろかった。しかしこちらは本番では、やったことがないので、いつかやりたいと思っている。
 でもまぁ、結局学生時代の最後にはこちらの世界を選んでしまった。体調が悪くなる業界として有名なので、こっちに来る人は心して考えてほしいね。

 それから、趣味の世界では「エレキギター」に憧れていた。別に、テレビアニメ「けいおん!」でバンドが有名になったからと言うわけではなく、前々からやりたいと思っていたのである。こちらも某社長の息子がギターをやっていたのだが、それが「アコギギター」であった。アコギはアコギで味があったので、Let it beを弾く練習から始めた。想い出のピックとして今もその証拠が家に転がっている(ちなみに、アコギは断念した。正確には断念したわけではなく、その後警察沙汰の事件とその社長さんが離婚調停のゴタゴタで家庭内が崩壊し・・・見事に小説のようなアニメのような不幸設定で行う暇がなくなった)

 実はもう一個やりたい職業というか似たようなものがあったのだが(正確には職業とは言わないけれど)、こちらは、今回は内緒にしておく。

 正直私としてはもっと何かをしたい年齢である。社会人になりたての頃は、何もかもが「思考」錯誤だった。自身に合うかどうかの試行錯誤である。
 今でもニートが素晴らしいと思っているけれども、ニートというものになりたいのではなく、ニート的な職業を確立している人がうらやましいのである。それはニートではなく、「実業家」、「起業家」として置き換えられるんだけど、まぁこれはまた別の機会に。

 そんな当方、現在色々な忙しいことからか囲まれていまして、みなさんと手にとってダンスが出来ないことを悲しく思います。誘っていただければ、暇さえあれば遊ぼうと思う。
 時間は無いけどちょっとした時間に皆さんがうらやましがるような有名人の方や食事などしたり、エバで覚醒モードが出ないんで、激しくパチンコを打ったり、というか、実は別のパチンコの実機を買って家で「上アタッカーを狙って~~~」と言われながら打ったりしている訳で、まぁ、生きていますよということで。

Home > Archives > 2010年09月

Search
Feeds

Page Top