Home > Archives > 2011年01月

2011年01月

俺の友人の有名人がこんなに常識人な訳がない。

 前にも言ったかもしれないけど有名な人は、自然と「影響力」がある発言をする。その言葉には人を動かす力や納得させられることも多い。普段からそうやって人と接し、「説得力」を身に着けているからだと思う。

 今まで様々な人と会ってきたけど、数日前の夜中はまじでやばかった。ちょっとした友人のコネでみんなも知ってそうな超有名人と食事してきた。名前言えないんだけど。
 っていうか、会う人会う人、友人たちやスタッフの人たちにお願いしてどこにいたかとかそういった情報は流さないようにお願いしているらしい。

 一箇所に長居すると他の人の目線が気になってきて、うわさとして広まって、店の前が人盛りだらけになるという・・・。

 逆にこんなになるとおちおちどっかで食事も出来ないし、買い物も出来ないから遊ぶところがなくて、ストレス溜まってるとか。

 実際当方が食事しながら周りを見ていてもみんながこっちのテーブル席を見てるなぁと思ってたけど、なぜだろう。
 それに比べてホームページは楽だね。ユニークユーザーが1000hitでも負担がかかるのはサーバーだけだしと、平和なことを考えていた。


 明日から秋葉原のホコテンが再開。
 一度起こってしまったことは、それを回復する方向に持っていくのはすごく困難。ルールも、法律も、一度作ってしまったもの、行ったことはなかなか終わらない。子供だって一度産んでしまったらやめることは出来ない。

 それには、責任があり、誰かがひとつ起こしたこと、決めたことによって、鼠算方式に人が動く。それにはコストがかかるし、人もかかる。

 でもひとつの完成に向かって人は歩いていく。ゲームの製作にたとえたら、開発完了になる。

 じゃあ「人の完成」ってなんだろうと思いながら、それに完成はないと誰かが言う。

 いやいや、だったらその完成間近になる前に今、ソレを続けていて後で振り返ったとき本当に良かったのかと考えるならばそのままでいいかもしれないけど、後で振り返ってもあー無駄だったなぁーとしか思えないことを続けているなら仕事でも遊びでも微妙と思うわけですよ。

 そう思うでしょ?ちがうかい?

 っていうことで、今振り返ってみて、数多くの泣きゲーをプレイしてきた。だからこれからもすごい泣きゲーをプレイして、良い出来のものも多かった。
 だからこれからも新しい泣きゲーをプレイしていくよ。泣きゲーってのは、エロゲーが多いから18禁ゲームでこれからも心も体もシコシコ磨いていくよ。

 ・・・ということをその人に話してみた。

 「ヘンタイですね!」

 ・・・世間にエロゲーは認められないらしい。だから言ってやったんだ。

 「ふっ、・・・だったら、世間に認められないそのエロゲーとやらをやってみろ」ってね。

 よく知りもしないのにその否定形から入る人は絶対ゲームプレイ後も評価が良くないに決まってる。何も考えずただ心で感じろ、と力説した。

Continue reading

マッチングカードシステムは、えろい。

 韓国オーディションにてアップデート。

●マッチングカードシステムアップデート
-マッチングカードシステムとは、地域,年齢,好きな関心キーワード,ゲームモードを通じてマッチングするユーザー達を教えてくれる機能です。マッチングカードを設定し、チャンネル上にマウスをポイントすれば各チャンネルに出てマッチングされるユーザーの割合が表示されます.'マッチングユーザー確認'ボタンをクリックすれば,マッチングするユーザー達のニックネームにしばらくMATCHING!!イメージが表示されます.

 そのほか、人脈あいさつ不使用機能(直訳)がアップデート。1日1回しか変更できませんが、午前7時で再更新可能。


 なんか聞くところによるとすごい機能がオーディションに入るらしい。それはまた近日お話しよう。

X-BEAT Muzie曲 20曲アップデート!!

  Wired Slave『Resurrection』   glasswool『talantule(house remix)』   glasswool『midnight syndrome(feat.Ria)』   カワウソ☆キック『VirtualLOVE singerMAO ver』   shinji(punky disco rockerz)『Hi!Hi!music』   shinji(punky disco rockerz)『Winding road』   Wired Slave『Sweet Rain (Original Mix)』   Wired Slave『Sunset Over The Ocean』   R&T factory『永久のクワイア-Mac音ナナversion-』   R&T factory『初恋予報』   mozell『バンバード Piano Version』   mozell『Unfettered Fight』   F.E.L『Moon landing』   F.E.L『TRUTH REACT』   Yoshiyuki『-matsuri-』   RYUWAVE『FLAWLESS FLOOR』   solactra『【星に名前を。】Vo: *spiLa*/House Ver』   solactra『【星に名前を。】Vo: Yuna /Rock Ver』   Plan Melodica『Garden』   Plan Melodica『Magic Wand』

 以上の曲が2011/1/11(JST)にX-BEATへアップデート。

 ちょっと探してみれば、ネットラジオや、ニコニコ動画、YouTubeなどで知っている人は知っている曲がアップされた。初音ミクを前面に出してなくてもミクに歌わせている人が多いね。
 個人的に今回お勧めなのが、R&T factory『永久のクワイア-Mac音ナナversion-』か。MEIKOバージョンのが好き・・・かなぁ。

 でもまぁ、誰もが知ってるような楽曲が入らないとまだまだ人は集まらない。さらなる有名曲のアップデートに期待したい。

韓国オーディション、法律違反のためハッピーボックスアイテム削除

Happy Box item 韓国オーディション、2011年1月6日(木)[JST]付アップデートで、ハッピーボックスアイテムが削除された。

 アイテムを使用している、使用していないに関わらず、ハッピーボックスアイテムを保持している人も含め、すべて削除対象となる。
 なお削除の補償として、同日アップデートで、ハッピーボックスアイテム保有者に7日アバター交換チケット1回、ハッピーボックスチケット保有者にDJブースアイテム7日が無償提供された。
 
 削除された理由としては、理由は「ゲーム物等級委員会(韓国の青少年保護法に基づき設置されているコンピュータゲームの公的倫理審査機関)」より、現ゲーム産業振興に関する法律第21条5項に違反すると通告を受けたため。
 ゲーム物等級委員会とは韓国では法廷拘束力があり、青少年保護法により刑事罰が与えられる。

 で、なぜ今頃この法律で違反対象になったのだろう。

 削除するのが遅い。アップデートしたのは1年以上前のものだし、ゲーム産業振興法の正式成立は2006年なのに、なぜ今頃・・・。

Continue reading

2011年もツンデレオーディションをよろしくお願いします。

 あけましておめでとうございます。

 いつもいつもかげながらのご支援、ご声援ありがとうございます。なかなか多忙の身でありますので、みなさんとオンラインゲーム「X-BEAT」で遊ぶ機会も少なく、社会に飲まれ、荒々しい日々を過ごしています。
 そして、数々の大人の事情と戦い、数々の萌えグッズに囲まれ(なんだか部屋の中が貰い物だらけになってる)、体調不良と金銭事情と戦っている日々でございます。

 未だにこのサイトが継続しているのはみなさんのおかげ!
 2006年に開設したツンデレオーディションも早5年となり、前サイトを含めるととんでもない期間をネットを通じて彷徨っている事になります。

 まだまだ改革は続きます。数々の雑誌に掲載された自作ソフトや、アクセス数TOPの泣きゲーコンテンツも含め、鋭意更新やサポートを継続中。メインのX-BEAT、Audition1&2の情報も素早くえろい更新を続けてまいりますので、2011年もツンデレオーディションをよろしくお願いいたします。

ツンデレ管理人   

Continue reading

Home > Archives > 2011年01月

Search
Feeds

Page Top