シミュレーションラブ

幸せがない人生なんて無意味。まぁ、自分のことだけれども。

俺の友人の有名人がこんなに常識人な訳がない。

 前にも言ったかもしれないけど有名な人は、自然と「影響力」がある発言をする。その言葉には人を動かす力や納得させられることも多い。普段からそうやって人と接し、「説得力」を身に着けているからだと思う。

 今まで様々な人と会ってきたけど、数日前の夜中はまじでやばかった。ちょっとした友人のコネでみんなも知ってそうな超有名人と食事してきた。名前言えないんだけど。
 っていうか、会う人会う人、友人たちやスタッフの人たちにお願いしてどこにいたかとかそういった情報は流さないようにお願いしているらしい。

 一箇所に長居すると他の人の目線が気になってきて、うわさとして広まって、店の前が人盛りだらけになるという・・・。

 逆にこんなになるとおちおちどっかで食事も出来ないし、買い物も出来ないから遊ぶところがなくて、ストレス溜まってるとか。

 実際当方が食事しながら周りを見ていてもみんながこっちのテーブル席を見てるなぁと思ってたけど、なぜだろう。
 それに比べてホームページは楽だね。ユニークユーザーが1000hitでも負担がかかるのはサーバーだけだしと、平和なことを考えていた。


 明日から秋葉原のホコテンが再開。
 一度起こってしまったことは、それを回復する方向に持っていくのはすごく困難。ルールも、法律も、一度作ってしまったもの、行ったことはなかなか終わらない。子供だって一度産んでしまったらやめることは出来ない。

 それには、責任があり、誰かがひとつ起こしたこと、決めたことによって、鼠算方式に人が動く。それにはコストがかかるし、人もかかる。

 でもひとつの完成に向かって人は歩いていく。ゲームの製作にたとえたら、開発完了になる。

 じゃあ「人の完成」ってなんだろうと思いながら、それに完成はないと誰かが言う。

 いやいや、だったらその完成間近になる前に今、ソレを続けていて後で振り返ったとき本当に良かったのかと考えるならばそのままでいいかもしれないけど、後で振り返ってもあー無駄だったなぁーとしか思えないことを続けているなら仕事でも遊びでも微妙と思うわけですよ。

 そう思うでしょ?ちがうかい?

 っていうことで、今振り返ってみて、数多くの泣きゲーをプレイしてきた。だからこれからもすごい泣きゲーをプレイして、良い出来のものも多かった。
 だからこれからも新しい泣きゲーをプレイしていくよ。泣きゲーってのは、エロゲーが多いから18禁ゲームでこれからも心も体もシコシコ磨いていくよ。

 ・・・ということをその人に話してみた。

 「ヘンタイですね!」

 ・・・世間にエロゲーは認められないらしい。だから言ってやったんだ。

 「ふっ、・・・だったら、世間に認められないそのエロゲーとやらをやってみろ」ってね。

 よく知りもしないのにその否定形から入る人は絶対ゲームプレイ後も評価が良くないに決まってる。何も考えずただ心で感じろ、と力説した。

 その後、その有名人仮名Aさんは、昨日の夜から今日にかけてエロゲーをプレイし、感動して、この世界に入ってきたとさ。めでたしめでたし。

Posted by iamweak - 2011年01月22日 08:40 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(承認制)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.