Home > Archives > 2011年10月

2011年10月

「社交辞令ほどつまらない挨拶はない」

 New chanceモードで盛り上がっているX-BEATですが、これらはコマンドが少ないX-BEATならではの難しさでしょう。今まで他国のオーディションにてしっかり練習している人は大して苦にもならないレベル。
 ただ、実際、苦を味わっているのは当方のほうで、なんだかだるい毎日。・・・と続くとやっぱり愚痴ばかりになってしまうので、今日は楽しい話をしましょうか。

 と思ったけど、楽しい話題が何もなかった・・・。

 よく新年の挨拶で「お久しぶりです」とくる人がいる。
 正直お久しぶりっていう言葉自体が社交辞令だと思う。他にも気に入らない社交辞令があって「また機会があったら・・・」という言葉。また機会があったらという言葉は本当に社交辞令なので、実際にその機会が訪れる機会はまずないと思っている。
 だからそういった言葉を発する人には「そのまたの機会はいつですか?」とか「春頃逢いましょう」と返信するようにしており、すると実際相手は困る。社交辞令という言葉もはや、あまり意味のない言葉になりつつあり、嫌いな人も多い。だったら具体的な日付を書いてほしいねと思うのだけれども。

 「まほろ駅前多田便利軒」という映画がある。11月にブルーレイやDVDが発売する映画だが、ここに登場する男2人は暗い過去がある。それらをどう背負っていき、これからどうなるのかという無気力な毎日を過ごしている。
 大人になるとそういった無気力さは誰にもあって、現実での打開策はほぼないに等しい。マンガとかドラマとか映画とかは、キーになる人がいて、そこにたどり着くために周りが動いたりするが、現実はなんにーもない。

『誰かに必要とされるってことは、誰かの希望になるってことでしょ』

 この映画の出演しているキャラクターには、誰かに必要とされる人がいるということ。
 現実なんて誰にも必要とされない人がごまんといる。そういった人たちはどこへ行けばいいのか誰にも分からない。

世の中は嫌な事ばかり。幸せが見つからない限り、ある日突然いなくなる人だっていることは、納得は出来る。

 友人が「慰め会」という名目で自分を祝ってくれた。

 2011/10/16(日)は情報技術者試験だったのだが、先週起こったある事情により、当方は精神的に行けなかったのだがそれを知っている方々が祝ってくれたのだ。

 しかし、迷惑過ぎる!

 まぁそれはそれとして、人には幸せパラメーターってのがたくさんあると思うのですよ。
 「生きていればきっといいことがあるよ」とか言う人がいるのも間違っている。それは単に「良いことがある」というのは期間的にも長く生きていたらそれはそれで確率論的な意味合いでひとつはいいことがあるのは当たり前。
 それを上回るやなコトだって絶対的にないとは言い切れないし、そんなことを言う人なんか、自分の目の前で言ったら説教する自信がある。

 最近寝不足気味で残業だらけで会社泊まりでショック続きだからもう自分なんか何するかわかんないもんね!!

 そんな時に落ち込んだ人なんかに言う言葉として効果的な言葉とは

 「●●さんにとって、明日は良いことがありますように」という言葉。

 これなら明日良いことがなくたって、言われたことによって(その人がこの言葉が言われた人のことを考えてくれているので)少なくともマイナスなイメージは受けないと思う。

 言葉には力がある。

 「女性だから」「韓国人だから」とかなんか言葉を話している人を見るとどうしてもイライラしてしまう。「●●さんだから」とどうして言えないんだろうと。別に差別的発言を責めているわけではなく、一人の人が該当するだけで、ひとくくりとして話す人がいるけれども、それはどうしても納得が出来ない。一人が悪い人でも、他の人は良い人だっている。そういった人をひとくくりにするのは間違いであると思う。

 つかまじで、幸せってなんだろうってほんと最近考える。
 もちろん自分より不幸な人がいるのは百も承知。
 でもさ、やっぱり、(幸せ度が高い)上にいる人たちはいいなと思うわけです。
 そんな人たちは下の人たちのことを普通は考えない。
 だから、自分は何か悩みがあったらその人のことを考えてあげるし、必要だったら行動もする。でもそれだけ。

 そして、自身のことをなんなのいったいなんなのと友人へ叫ぶひととき。

 平和な世の中で、影でこっそり周りを楽観視しながら過ごせるのは、本当に(生きているだけで)幸せというカテゴリに入るかどうかは、疑問が浮かぶと思う今日この頃。ため息が多いと本当に多くの人から言われる。

 楽しく見せるのなんて、見栄えなんか考えない人なんか完璧に演じられる。
 でも、悪いときは悪いことが重なる。それはいいことが見えないから。持論だが、バカは風邪引かないってのはバカは風邪に負けないほど強い体を作っているわけではない。風邪をひいていることに気がつかないからである。同じ考えでいいことに気がつかず悪いことばかりをピックアップする。

 だからウツる。

 で、そこまで分かっていて自分は何が言いたいかというと。
 やっぱり(幸せが)上の人はいいなと思っちゃう訳ですよ。ほら、イケメンとか美少女とか。悩みのレベルが違うし。はぁ・・・。

雰囲気を買う

 さて。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 今月から私一人でHPを更新する羽目になりました。X-BEAT関連「以外」の問い合わせがこう見えても多いんですよ。対応に耐え切れなかったらごめんなさい。

 そして、X-BEATで遊んでいる方と全然交流してない気がする。少しの方々とメールをたまにしたりするんだけど、返信が返ってくるとほっとするけど、メールは自分自身が送信した後で止めたい。ぶっちゃけ、相手がメールを止めない限り自分がバンバン送ってしまうので、最近では区切りを付けて適当に終わらせるように心がけている。

 それでもたまにこのゲームに戻ってきてしまうのは、ゲーム自体に思い出があるから戻ってきてしまうんですよね。ゲーム自体が楽しいわけじゃない。(ファンサイトの管理人が何を言っているんだろうかw)そこに思い出があるから楽しいのである。そんな人結構いると思うよ。

 ほら、お酒って家で飲んだ方が安いのに、居酒屋でわいわい飲んだ方がいい。それは雰囲気をお金で買っていると考えれば全然安いと思うのですよ。外食もそう。

 ”雰囲気を買う”。

 これって、大切だと思います。
 ですので、私は毎年恒例の、来年1月1日0時もX-BEATで年越しを行う予定です。何か世間話等、お言付けがある方はその時に!

訃報

 皆様に大切なお知らせです。

Continue reading

  • Comment (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Home > Archives > 2011年10月

Search
Feeds

Page Top