シミュレーションラブ

幸せがない人生なんて無意味。まぁ、自分のことだけれども。

遺言書のあり方

 最近自分はどうしたらいいのか自分でわかんない。うううう・・・・・・・・・・・・・・。

 お酒飲んでも気持ち悪くて訳がわかんないよ。世の中なんでこんなにつらいの。失恋なんて人の縁なんて、幸福なんてどうでもよくて。

 つこって皆さんも万が一の時に他の者の為に遺言書を書いておこう。遺言状を作成するときの書き方は書式が決められています。必ず直筆で日付をいれ、誰にどのくらい相続するかというものがかかれるのが普通でしょう。
 ただ法律的には有効になるものでもさ、本来そういったのはぶっちゃけ自分はどうでもよくて。今まで誰か関わった人に一人ずつ手紙を書きたいなとか思ったりするんですよ。でも実際はそれさえも必要としてくれる人はいなくて。
 遺書は書式さえあっていれば何を書いてもいいんです。でもみんなが読むものですから、一人ひとりに当てるメッセージはやっぱり違うとこに(法的問題を書くのはよして)書いておくのがいいんじゃないかなと勝手に思っているんですが。「遺書」と「遺言書」が違うとかそんな堅苦しい話じゃないです。ここでいいたいのは、人間って後悔するものだから、ちゃんとやることやっとけと。出来る人は前に進んでおけと。

 何をやっても出来ない人は、本当に何にも出来ないんだから、その人の分まで幸せをつかめと。

 もう見てらんない、考えられないとか考えてる不幸な人は、そんな不幸な『想い』なんか幸せな人は絶対気がつかないんだから、だったら存分に満喫しろと。


 うううううううううううううううう・・・・ぅぅ・・・もうわけわかんない。

Posted by iamweak - 2011年12月10日 21:15 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(承認制)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.