シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

ドメインの取得について

 チキンラーメンに卵を入れないと食べない人がここにいるように、ドメイン取得という物は奥が深い。
 ドメインとは、http://audition.good-mind.com/の「good-mind.com」の部分を指す。本来は、IPアドレスで指定されているが(ちなみに、コマンドプロンプトでnslookup siteurlで逆引き出来る)、それをドメイン名とDSNで結びつけて、普通のサイトにアクセスできるのである。.comは誰でも取得出来、.co.jpは企業、.ne.jpは個人みたいな具合に。
 ドメインの取得は種類によっては少し違うが、.com,.net等は、今では特別な申請はいらない。こちらから検索してみればわかるが、いくつか選ぶだけで簡単に購入できる。通常は、みんなが考えそうな簡単な単語は全て取られている。一人何個でも購入可能だが、もちろんドメインの取得・維持にはお金が掛かる。
 また、ドメインでホームページを立ち上げる場合、サーバー代+ドメイン名+各種コミッションの料金が掛かる為に、維持費が辛い場合は無料HP等初めから広告が付いているスペースで更新するのが好ましい。アクセス数や動画・FLASH・画像などが多ければそれだけサーバーを頑丈な物を選ぶ為、維持費がかかる。大規模運営ならば、場合によっては複数のサーバーに分散させることまで考えなくてはいけないし、あるいは、自宅で大規模なサーバーを立てなければならない。

 通常は1年単位で更新だが、各種レジストラ・レジストリによって料金は違う。上位レジストラがeNomのvalue-domainは、安い。昔はどんなところでもとんでもない金額だったからね。

 企業ではあらかじめ混乱を装う為に、間違えそうなスペルドメイン・別名称などのドメインもあらかじめ取得しておくのが常識。例えば、ダンシングパラダイスは、公式サイトURLがhttp://danpara.nexon.co.jp/というネクソンのサブドメインで運営しているが、http://danpara.jp/までもを取得している。ドメイン紛争は日々絶えず、ドメインをジャックしたり、それを営利目的でオークションで売ったり、色々な事が考えられる。(昔、gooがアダルトサイトに見えたのはその為。裁判問題に発展した。)そういうのを防ぐ為に、関連ドメインを取得しておく事もある。

 さて、ドメインを取得してから登録ドメイン名の有効期限が近づくと、レジストラ(リセラ)から登録者に対して更新についての通知が送付され、登録者は有効期限日までに所定の手続を行うことでドメイン名を更新することができます。ですが、それを過ぎてしまうとその購入したドメインにアクセス出来ない現象が起き.comのドメイン名では、請戻猶予期間に入る。
 通常は数ヶ月以内と言われていますが、今回当方が色々と調べてみた所、「whoisの更新のタイミング」や「請戻猶予期間を過ぎてもレジストラがドメインを手放さない現象」などがあって、中々取得出来ない場合もある。

ここでステータスの一部を明記しておく。
ACTIVE,OK⇒ドメイン名は有効
REGISTRAR-HOLD⇒有効期限切れ
REDEMPTIONPERIOD⇒削除待ち状態(請戻猶予期間)
PENDINGDELETE⇒約5日後に再取得可

 REDEMPTIONPERIODの場合、何より復活料金が高い。復帰に数万円掛かり、尚且つ、そのドメインを復活させることを採用していない所もある。しかし、その削除待ち期間が過ぎると第3者にドメインが渡ってしまう可能性もある。

 第3者にドメインが取られる前に一々確認してくれるサービスも海外にある(探してないからわからないが、日本にもあるかもしれない)。上に記述した通り、請戻猶予期間というのはそのドメインやレジストラによってまちまちな為に、それらを常時監視し、購入状態になった時はすぐさま購入してくれるサービスである。人気ドメインは、一人だけが狙っているのではない。沢山の人や企業が狙っている為、ドメイン取得可能状態になったら数秒で登録されてしまう場合もある。また、それらを売買する人達もいる事も事実であり、さらに競争率が上がる場合もある。この人達は、専用プログラムなどで毎日ドメインを取ろうと日々検索をされているドメインを見つけ出し、それを取得、売買するというビジネスもあるらしい。

 実はこの記事は数ヶ月前から作成していた。なぜ、この記事を今頃上げるかって?
 ・・・ryzme.comのドメインが取れなかったから。

参考
削除済ドメイン名のための「請戻猶予期間」
ドメイン、IP検索(whois) - ツンデレオーディション

Posted by iamweak - 2007年02月06日 16:23 | コメント (4) | トラックバック (1)

この記事に対するコメント

ryzme.comのドメインとってなにしたかったんですかw

Posted by: nunu - 2007年02月06日 19:45

え・・・・;x; 

取れなかったのね・・・

Posted by: Me - 2007年02月06日 20:55

googleを打ち間違えたらウイルスサイトってのも怖い話ですよね

Posted by: OKさん - 2007年02月06日 21:17

実はこの記事は、これの3倍以上長かったけど、カット。まあこれからも待ったり行きますよ。

Posted by: iamweak - 2007年02月06日 23:10


この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

» 独自ドメインの有効期限切れに最大限の注意を!

全てのドメイン名には有効登録期限が設定されていて、期限が切れる前に更新手続きをす...
Tracked by: 独自ドメイン取得とレンタルサーバー選び[210.188.201.8] - 2007年03月07日 21:27


Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.