シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

PC→CS(家庭ゲーム)への移植が劣化する訳+お勧めソフト

 PC版のソフトが家庭用ゲームに移植される時、どうしてもその作品の質が落ちてしまうことが多い。これは、結論から言うと、レイティング団体が違う為。具体的にはADVソフト(文字を読んで行くソフト)ならば、反社会的な物を中心に、作品そのもののシナリオが変更されることも多々ある。

 PC版ソフトは通常「コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ論)」で審査され、一例として移植が多いPS2は「コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)」で審査される(当たり前だが他の機構もある)。
 これは通常、販売時にどのような内容なのか分かり、マークによってはセクシャル、暴力・・・などのそのゲームが扱っている内容が表すマークが明記されている場合もある。

 つまり、その機関によって「基準」が違う為に、どうしようもない事情で内容を変更したり、削除したりしないといけないということである。具体的には著作権やら反社会的な物やら内容は様々である(基本的にソフ論は性的描写のみについて審査)。個人的にはパロディ関係(他の作品)が消されるのが一番痛い。

 このPC版からCS版になって成功した例は、当方が知る限りkeyの「智代アフター」位である。PS2の追加部分に激しく涙した。


 なお、自分は一般的なレイティング(倫理基準)にしたがって、ブログ記事などを昔から簡易的に選別している。どうしてもその内容を扱う場合がある時には、文頭において警告する(なお、実際にはその記事の内容によって、若草、変動する。これは他のジャンルでも同等)
 なお、深い内容の性的・暴力的記事については、これでも一応ツンデレオーディションは、YAHOOカテゴリに登録されているサイトなんで扱わない。


 話は変わって、個人的にお勧めしたいソフトをご紹介しよう。

1位 「この青空に約束を―」(PC版 R18,PS版 CERO12)
2位 「車輪・・・・・」(18禁ソフトしか販売されてないのでここでは紹介不可)
3位 「CLANNAD」(PC,PS2共に全年齢対象)

 この1位の「この青空に約束を―」のPC版をやっている最中、食事も睡眠もろくにしていなくて、最後のあの合唱で精神が崩壊した為、いい意味で余韻を残して、食欲もないし、お金もないというとんでもないことになってました。正直ゲーム中の最後らへんは、28時間以上何も食事してませんでしたよ。集中し過ぎた。18歳以上の方はどうしてもお勧めしたいです。特に最後の合唱部分。
 3位の「CLANNAD」は、Keyの作品。子供が生まれるまでの大切な家族との絆を描くような作品。見所は、最後・・・。PC版と比べ、PS2版はほとんどカットなしなんでほとんど原作PC版と同じ。

 でもね。なんかね。
 思い出しただけで泣けてくる(涙)

Posted by iamweak - 2007年07月17日 13:40 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.