シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

「…幸せじゃなかった…なんて言えるわけないだろう…お前らみたいな友達に恵まれてっ!!」

リトルバスターズリトルバスターズ
 リトルバスターズの感想と世界観の解釈を長々書いていたんですが、バグで消失。やる気と根性と金運が下がった気分です。ついでにCGも全て100%回収しましたが、とりあえずささささささざざみ?との対戦に全て勝ってないので、そこはやっておくつもり・・・。
 泣けるシーンとしては、最終章「リフレイン」の恭介がやばいです。過去のkeyの作品が沢山入っている感じ・・・。やり直しますよ。何度でも・・・。

過去記事
リトルバスターズが届いたので、インストールした。
Little Busters!(リトルバスターズ)のPCゲームを予約した。

 以下、上文とは関係なし。当方が解りやすく解釈したLinuxライセンスメモ。

Linuxのライセンスについて説明すると共に、それに対する自分の考えを400字以上で説明せよ

Linuxライセンスは、パブリックライセンス(GPL)に則って開発・提供されている。そのLinuxカーネル自体は普通にソースとして、全世界へ公開されており、他のソフトやプログラムなどを一緒に動かして、各種サーバーやアプリケーションなどを動作させることができる。
 LinuxはWindowsと違って、ソースが公開されているために、サーバーとして使うことは勿論の事、幅広い応用範囲があると言える。
 GPLでは、再配布、プログラムの実行、プログラムの改変、プログラムを改良し、再度配布することなどが可能であり、著作権上、GPLを守っている人のもとでリリースされたプログラムの著作物の著作権は、譲渡行為等がないなら、そのコードを製作した著作者が保有している。
 有名インターネットサイトでは、ウィキペディア、ミクシィ、はてななどがLinuxのウェブサーバーを使用している。


 つまり、簡単に言えば「人が作ったソースがフリーで公開されているので、それを誰でも簡単に、ライセンスを守るならば改変、再配布してもよい」というのが、Linux(だけではないけど)のライセンスである。
 こういったライセンスは、人に配り、有用で自由に配布出来るソフトなどが開発できるのならば、合って復旧してもいいんじゃないかと思う。

 乙

Posted by iamweak - 2007年08月05日 20:46 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.