シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

ef - a tale of memories.のアニメが素晴らしく泣けた。

ef-a tale of memories.ef-a tale of memories.
 うあぁああああああああああああああああああああ

 ・・・全12回のアニメ中、10回が終わった時点で、暫く声が出なかった。かと思えば次の瞬間、上の文字を大声で叫んでいて、近所迷惑になっていたというとんでもない当方ですが、とにかく、それほど心に響く衝撃が強かった。

 ある人に言われ、数日前からアニメ「ef - a tale of memories.」を見ていたんですよ。いやーもうなんていうか、感嘆の声しか上げられません。
 肝心のアニメの詳細ですが、その演出というか、新しい物を切り開いている感じがして、従来のアニメーションと違うイメージを受ける。例えば、わざと白黒にしたり、ずらしていたり、メタファ仕掛けのなんじゃこりゃという印象を最初は受ける。

 もう一度見返しているんですが、なるほど。前半はストーリーに起承転結の「起」の部分が長い為か、ストーリーなどのあらかじめの予備知識がないと「つまらない」という結論が自分でも抱く。特に登場人物がちんぷんかんぷんだった。自分は、後半がおもしろいと知っていたので必死にストーリーについていってたのが、だんだんとおもしろい展開になり、第10話当りでかなり衝撃を受けた。

 元々アダルトPC用ゲームを、少年・少女らが複雑な恋模様を展開するアニメ化ということなのですが、どちらか言えば「後半が素晴らしいので、その為に前半で登場人物を把握しながら」ストーリーを追っていく感じにすればおもしろいかもしれない。

 いずれにせよ、個人的には2007年最高のアニメと言える。最も、新しい事をやっているので、従来のアニメという「アニメ」ではなく、本当の「アニメーション」という意味で見ると良いのかもしれない。ちなみに、PC版の原作の方はあまり人気が無いらしい。

 「忘れたくない想いありますか?」

Posted by iamweak - 2008年01月13日 22:15 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.