シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

最後に話が繋がって・・・。そして、それは単純で・・・。

It's the only NEET thing to do.

神様のメモ帳神様のメモ帳神様のメモ帳」(ライトノベル)
杉井光/電撃文庫・2007/1
オススメ度 ★☆☆☆☆
参考ワード ニート探偵、薬、死、青春、高校生
既巻2巻中1巻読破(2008/6/10、3巻発売)

 ようするに、ニートどころじゃないニートの話。どう考えてもヒロインのニート探偵じゃなくて、友達の「彩夏」の方がメインだと思う。話を追っていって、なかなか解説しにくい作品なのは間違えないのだけれども、この作品で出てくるニートの定義がなんだか私たちが一般的に言っている「ニート」とは違う。

 やっぱこの作者さんは、こっちの少女の方が描写が上手い気がする。
 なんていうか、この作品にも言えるけど素直になれない『オンナの子』の描写が上手いんだと思う。それはツンデレと言われるほどではなく、シンミリする程度の子がね・・・。

 でも、この話、ハッピーエンドじゃないです。これはこれでいい気がする。

Posted by iamweak - 2008年06月08日 00:06 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.