シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

読めば、「なるほど。」としか言えない。

背後を振り返ると、彼女は俺を見て、
なぜか得意げな表情でふふんと笑みを浮かべていた。

さみしさの周波数さみしさの周波数さみしさの周波数」(小説)
乙一/角川スニーカー文庫・2003/1
オススメ度 (非公開)
参考ワード 切なさ、死、非日常、日常、予言、泥棒、フィルム、交通事故
全1巻読破

 なるほど。前作に比べると、切なさがパワーアップしている気がする。しかし、あくまでもパワーアップしているだけであって、やっぱり教科書向きなんだと思う。

 元々短編集なので、全てが描写されておらず理解できないところがある。個人的には、『手を握る泥棒の物語』と『失はれた物語』がいい気がするけど、解説者がほしい作品なんだろうね。

 「その時の相手の気持ちを本人になって述べよ」だとかは、意味のない質問なので、考えたくない当方はやっぱり合わない作品なのかもしれない。しかし、前回も合わないとかいいながら、これも読んでいるのはどういうことなのだろうか・・・。

 いつでも知りたいのは、じぶんのこころの中・・・そんな気がする。

Posted by iamweak - 2008年06月14日 10:38 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.