シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

おっぱ・・・いや、タイトル遊びはもうここらへんでやめておく。

「だから私は、あの幸せな世界を、文章で・・・
言葉の力で、再生したいのだ。言葉とは魔法なのだ、八雲。」

ライトノベルの楽しい書き方ライトノベルの楽しい書き方ライトノベルの楽しい書き方」(ライトノベル)
本田透・GA文庫・2008/2
オススメ度 ★★★☆☆
参考ワード ライトノベル作家、ラブコメ、王道、デート、学園
既巻2巻読破

 簡単にストーリーをまとめれば、ライトノベルが書けなくなったヒロインと、ごくごく平凡な主人公がその材料を探しに、デートをしたり何かをしたりというお話。ライトノベルを正しく書くような説明本ではないので注意。普通のライトノベルです。
 ストーリーがそれだけならまぁまぁ★2つ程度で終わらせてしまうんですが、この本は何より後半、心に残るセリフが多いので、それだけで高評価な作品。ちなみに、GA文庫は初めて読みました。2巻は正直、おっぱいのことしか覚えてません。

 この著者自身は小説家を目指そうと15歳の頃思い、そこから20年近くデビューまで掛かったんだとか。
 自分も実は小説家を目指していないのに、どうしようもない事情によりショートストーリーなんか書いたこともある。当時はMOやフロッピーばかり使ってたような記憶があるので、何処に保存したのか忘れたけど・・・。

※この記事は、小説記事より前に執筆されました。

Posted by iamweak - 2008年07月08日 00:37 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.