シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

貧乳はステータスだっ!

ゼロの使い魔ゼロの使い魔ゼロの使い魔」(ライトノベル)
ヤマグチノボル・MF文庫J・2004/6
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード 非日常,SF,魔法,戦争,ツンデレ,伝説
既巻14巻中14巻読破

 ルイズに萌え死。

 とにかくやべぇ。ルイズやべぇ。仕草が一々やばい。照れ隠しすんなこのっ!!4巻が特に死ぬ死ぬ。萌え死ぬ。

 だけど実際のところ個人的には、このヒロイン「ルイズ」より主人公「サイト」の方が好きなような気がする。途中ストーリーで、自分に振り向いて欲しいからって他の人に抱きつくあそこで、本気でサイトが落ち込んでいるあの仕打ちがどうしても個人的には受け入れられなかったぜ・・・。ルイズっていうかサイトを悲しませるなっ!!って言いたい気がした。いや、ツンツンデレデレしてるのは本当にいいんだけれどもさ!

 そんな訳で、1巻からノンストップでずっと読んでいた訳ですが、意外に当方はアニメも見てなかったので(っていうかそもそもアニメほとんどって言っていいほど見ない)、くぎゅうううううって言ってるオタク達に混じる事も出来ず、今までルイズってなんだ、魔法ってなんだみたいな感じでした。
 しかし原作を読んだ今、ふむふむ、これはおもしろいと思ったがカタカナだらけのライトノベルは久しぶりだぜ・・・。何だかんだいって、ハリーポッター以来か。世界史みたいに読みにくいところはあるものの、今日はルイズのまな板に乾杯しながらワインを取って、寝る事にいたしましょう(とりあえず睡眠不足)。

Posted by iamweak - 2008年08月31日 14:11 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.