シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

Yedang Online売却作業本格化か?!

 日本のX3(旧ダンパラ、Ryzme)が契約しているYedang Onlineが売却されるそうです。

 そもそも開発会社のT3エンターテイメントは日本の「X3」を運営しているHUEが直接契約している訳ではなく、その親会社(韓国法人)のハンビットソフトがチャネリングサービスとしてYedang Onlineがサービス運営元としてライセンス契約しているものです。そのYedang Onlineが、T3エンターテイメントとライセンス契約しているので、日本のハンビットオンでも運営されている訳で。

 既にT3エンターテイメントも承諾したらしく、けれども、3社名乗り出ているが、まだ明確な金額や売却が完全決定したわけではないとのこと。

 こういったのがいくらが妥当なのかわからないかもしれませんが、YedangとNexonが契約した金額は80万ドル(日本円で約7300万円+30%ロイヤリティ)。Yedangは他にもタイトルは持っているし、Yedangエンターテイメント(yedang onlineは元々Yedang Entertainment系列配下。元の会社の名前はTriglow Picturesだけど、日本で知ってる人は皆無)は、他の事業もやってるので、どうなるか・・・。

参考
gameshot

Posted by iamweak - 2008年12月12日 10:31 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.