シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

大切な事に気が付く何か。

 こんな話がある。
 自分が新規執筆した文章なので、若干話に矛盾があるけど、そこはなんとか脳内補完して頂きたい。


ある女性がある男性に、あるものがほしいなーって話をする。

事実上その二人は恋人同士で、「車買って♪」「パソコン買って♪」という女性の頼みをいつも、男性の方は「しょうがないなー」と言って承諾してくれていた。

どんなに無理なお願いだって、彼女の為ならなんでもしてやりたいという思いがあり、「マンション買って!」というものも承諾する。

お金だけで幸せが買える。

そして、そのお礼のためか「大人の関係」まで発展する。

けども、本当の愛は女の方にはない。

その女性は男性を”いいように使って”いた。

もしかしたら実は俺っていいようにされている男?・・・そう思う男の心はその女性を愛するあまり消えて、心の奥の方に封印されている。


そんなある日、あまりの借金に男の借金取りが拳銃を持って家にまで来た。
しかし、彼女は男に借金があるのも知らないし、なぜそんなヤツが来たのかもわからない。

そして、借金取りが散々家を荒らした挙句、お金がない事がわかると男に拳銃を向けた。
そして、撃った。

・・・【分岐へ】

【分岐1】

しかし、その瞬間彼女が走ってきて、とっさに自分(男)の身代わりとなった。

女「あっ・・・」
彼女は心臓を撃ちぬかれる。
最後の瞳は、男の方を見て、倒れる。

男は大体解っていた。
彼女がその男を愛していないことを。

けど、撃たれる事を解っていて、わざわざ盾となった彼女。
この身代わりになった意味は・・・

女「・・・・・・ー」
彼女に駆け寄った男に、彼女は何かをつぶやいて、息を引き取った。

【分岐2】

男「今まで一緒にいてくれて楽しかった。ありがとう・・・。」
男は息を引き取る。

その瞬間、女は急に何か『大切な何か』があったと実感を得る。

そこで彼女は男に駆け寄り、既に亡くなった男性に何かを叫ぶ。

女「・・・・・・ー」
お金ではない本当の意味の悲哀で。

 さて、この男と女の得た物ってのは、一体なんでしょうか。

 ※そもそもこの話、自分のオリジナル創作だと思ってるんですが、多分自分のアタマにある過去作品の何かの切れ端だと思うんです。もし知っていたら、ネタ元を教えてくれませんか?

Posted by iamweak - 2007年11月26日 10:45 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.