シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

言っていることの半分は意味の無いことだけれど、愛しているって事だよ。

 今日はいくつか名言をお伝えしましょう。ただ読むだけではなく、今後の人生に少しでも影響してくれれば幸いかと。

「谷に落ちても落ち着いて考えよう。きっと、答えが見えてくるはずだ。」
 この名言は、神奈川県内の小学校に張られたのが出典らしいです。正確にはこれは当時、小学生が考えたセリフらしいのですが、子供とは思えない才能豊かだった子だようで。詳細情報も正確に把握していますが、このセリフを聞くだけで本名が思い出せるというほど有名な人だったので、ここまでにしておきます。

「この味が いいねと君が言ったから 7月6日はサラダ記念日」by 俵万智
 駅前のサラダバーが半額の日。・・・という訳ではなく、俵万智(たわらまち)の日本の歌人。2008年現在、「生きてます」。『サラダ記念日』という歌集が280万部のベストセラーになり、そこから。
 自分なんかでも誰かと食事に行った時、このセリフを言ったりするんですが、男女宇宙人問わず、気持ち悪がられます。自分の周りに変な人ばっかで悲しいと実感した瞬間でした。

「言っていることの半分は意味の無いことだけれど、愛しているって事だよ。」by ジョン・レノン「ビートルズ」『ジュリア』より
 自分自身を表現するのに必死になり、意味の無いことをしゃべりっぱなし。そんでもってさらに、気を惹きたい気持ちがさきばしり、そんな結果に。しかし、やっぱり最後はストレートにきてほしいものです。乙女心ってそんなものではないでしょうか。・・・と全然乙女心がわからない当方が語ってみる。

「夢見ることができるなら、それは実現できるんだ。いつだって忘れないでいてほしい――何もかもすべて、一匹のネズミから始まったということを。」by ウォールト・ディズニー
 それは無理なことじゃない。著作権裁判だって、裁判だって、裁判だって、なんだってできるんだっ!実現って素晴らしい。利益って素晴らしい。

「共感して欲しいなんて言わない。ただ聞いて欲しかっただけ。」by 桜鈴珠華
 出典先が不明なんですが、NEVERブログ(現CURURU)にてどなたかが発表した言葉だったのかも。いずれにせよ、なんだか共感したくなってしまう言葉です。このセリフを発する時はなんらかのクライマックスなんだなと感じる事が出来ます。

「恋とは人が天空において銀河と呼ぶものに似ている」by スタンダール
ごめん。全く意味がわかりません。

「金が有り、金で買える物が有るのは結構なことだが、金では買えないものを無くしちゃいないか、たまに確認するのも良いことだ。」by ジョージ・H・ロリマー
 例えば、『萌え』とか。

「青春は人生にただ一度だけ。」by ヘンリー・W・ロングフェロー 『ハイピリオン』
 この言葉を聞く度に、もっと青春を謳歌しておけば良かったと感じます。おじさん、おばさん、先生達がシツコク言うのは過去の自分に後悔か、またその雰囲気に慕っていたい気持ちがあるからなのでしょうか。

「少年よ、大志を抱け!」by ウィリアム・スミス・クラーク
 夢を心の中で温めておくのは、生きがいを共感する上で重要だと思います。

「明日は明日の風が吹く。」by ことわざ
 明日はもっと不幸になる。さらにあさってはもっともっと不幸になる。そんな意味も少しは含まれている気がします。

「赤信号 みんなで渡れば 怖くない。」 by ことわざパロディ(ツービート)
その意味は、一つの枠に捉えられず、前に進むという意味ではなく、本当の残酷さは起ってからではないと解らないという一つの見方しか出来ない人には理解出来ない客観性が響いている。

「ある価値観が世の中を支配すると、それにはぐれちまったヤツは、したくもない苦労をさせられるもんなんだよ」by 苺(HoneyComing)
 エロゲ出典。

「判断に迷ったときは正直が最良の戦略である」by アメリカの格言
 正確な出典不明。知っている方は教えていただけると幸いです。

「べっ、別に羨ましいだなんて思ってないんだからっ!」by ツンデレ
 この言葉、3次元ではやらしてしまうと、結構イライラすると思う。2次元だからこそ、萌えや照れを実感できると思うんですよ。


参考
Goodmindグループ「ココロのドアを開けてみて」

Posted by iamweak - 2008年04月17日 00:10 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.