シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

愛は狂気。

「どうしてだろう? やっぱりあなたを失いたくなかったからだわ」

そして扉が閉ざされたそして扉が閉ざされた
そして扉が閉ざされた」(推理小説)
岡嶋二人・講談社文庫・1990/12
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード シェルター、密室、男女、謎、推理、真実、別荘、愛
全1巻読破

 実は初めて本格推理小説というものを読みました。読むスピードが止まらないのは、一般に言われる読みやすい文章だからということではなく、早く続きを読んで、物語の進行・・・出ていない情報をさっさと教えてくれという表れなんでしょうね。
 ライトノベル病の当方からしてみれば、もう少し後日談的な話が欲しかったなとか思ったわけですが、内容的には大人向けなんでしょうね。読むスピードが止まらなくなる事は間違えないです。人を疑うことから始まる推理ゲームは、本人からしてみればたまったものではないけど、ありとあらゆる角度から見てみれば、見えなかった事実も見えてくる。そんなことを改めて強く思った推理作品でした・・・。


 以下全く関係ない話。
 この本を読んでいたら、なぜか「エルマーのぼうけん」を読みたくなってきた。なぜだろう。

Posted by iamweak - 2008年07月09日 00:50 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.