シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

死ぬまでにしたい10のことって?

ここで紹介するゲームは、18歳以上向けです(規制されている訳ではなく、死の描写がある為)。
あ、あの時、頑張っていたら…もしかしたらって、
自分にとっての最後の言い訳を取っておくしかないのよ……

ナルキッソスナルキッソスナルキッソス」(ライトノベル)
片岡とも・MF文庫J・2008/7
オススメ度 ☆☆☆☆☆
参考ワード 死、生命の尽きる場所、痛い
全1巻読破(原作 ナルキッソス1、2プレイ済)

 「Narcissu」ですが、原作はフリーゲームです。フリーゲームなのに、18禁ゲームや泣きゲーなどに出てくる有名な声優さんが声を出していてまず、そこに驚いた。みくるちゃん(涼宮ハルヒの憂鬱)、ことみ(CLANNAD)の人まで声を出してるし。しかも2ndなんか主題歌的なものをriyaが歌っとるし・・・。イラストレーター、シナリオ書いている人なども全て有名だし・・・。同人サークルつっても、このクオリティはやばい。っていうか、これ無料ゲームで大丈夫なんだろうか。
 ジャンルは泣きゲーに分類されると思うが、泣きゲーを多々プレイしている当方は、ストーリー自体はそんなにオススメできない。
 現実は残酷で、病院から抜け出せば警察が動くし、道路には一般人の分からないカメラがたくさん着いていて、ナンバーとドライバーを撮影してるしね。

 文庫本の方も読みました。実質、ゲームの方と変わらないです。逆に言えば、一般人にも賛同出来る作品になるように、窃盗などの描写を削除して、新しいシーンを書いて欲しかった位ですね。賛否がありそうな作品に仕上がりました。同じ系統作品の半分の月がのぼる空とは全然逆の雰囲気なので注意していただきたい。

Posted by iamweak - 2008年08月18日 02:10 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.