シミュレーションラブ

「べ、別にあんたなんか好きじゃないんだからねっ!」と言い続けてたら口癖になり、2次元好き男女が周りに集うようになった人のブログ

Audition2は2月!そして、ダンパラからX3に移った本当の理由が判明!

「Hellgate:London」再登場?「Audition 2」は2月?そしてHanbit買収の舞台裏は?T3 Entertainmentに全部聞いてきた
 去年はAuditionのミュージカルも公演されました。Auditionの歌集の出版も予定しています。Audition English(Auditionのキャラクターを使った英会話学習ゲーム)は発表しましたが,次に考えているのはAudition Fitnessです。体操であるとか,オリンピック種目のようなものを入れまして,ゲームをしないとキャラクターがだんだん太ってくるんです。

 なんだか翻訳文でも記事を読んでいるとT3エンターテイメントは、何もかもが成功して自信だらけの気がしますね。
 そして、韓国ではオーディション2が2009/2月に発表になることが判明。オーディションでは最大6人,観覧(ゲーマーズ誤字ってるぞw)は10人,最大16人が同時に楽しめるゲームだったけど、2ではより多くの人がダンスやチャットを楽しめるようになる。その規模は最大50人程度だという。ルーム内で小学校の同窓会をできるようなものという感じです。ルームは自由に飾りつけできて,学校の校章なども入れられるようにしたいらしい。

 ・・・50人が同時にチャットをしたら、かなり混乱すると思うぞw オーディション(日本のX3も含めて)は他のゲームと違い、ユーザーがよくチャットする傾向があり親近感があるゲームです。楽しみなのは違いないけれども。

 さらに頭身も3種類位用意したいと言っていて、選べるようになるんだとか。

韓国内については,Yedan(gが抜けてるぞ gamersww)との契約が済んでいますので,そちらでサービスすることになります。それと台湾,中国……と,もう1か国,ちょっとどこだか忘れてしまいましたが,これら4か国以外ではHanbitに権限を与えていますので,直接運営することになります。

 日本も含めて、台湾・中国以外でもハンビットから運営出来るみたいですね。おそらく独占権を獲得していない契約の国で間違えないでしょう。

 そして、なんといっても、ダンパラからX3に契約が切り替わる理由がかかれています。ゲーマーズよくやった!

 ネクソンとの契約がちょうど切れる時期であったことと,その時点でHanbitを持っていましたのでサービスを移管しました。HUEはグラナド・エスパダに頼る部分が大きく,カジュアル分野が不足していましたので,Auditionを移しててこ入れを行う目的もありますね。今後はどんどん韓国からゲームを持ってきます。
 幸い,ネクソンジャパンにいたプレイヤー達にも無事に移っていただき,現在のところとても順調です。
 Auditionは,日本ではこれまでリズミー,ダンシングパラダイス,そしてエクスリーと3回タイトルを変えてサービスを行ってきました。「Audition」自体は商標の問題で使えなかったんです。そういう転々とした状況にもかかわらず,リズミーの頃からプレイしてくださっているユーザーもいらっしゃるんですよね。日本から韓国にメールをくださった人もいました。「サービスをやめないで」と。こういったユーザーには本当に感謝しています。
 つまり、ネクソンとの契約が切れる時期と、ハンビットを持っていたことの2つの理由により、日本ではX3へ移行したようです。  Auditionの名前が使えないことはすでにツンデレでもFAQページで大人の事情として触れていましたが、商標権だったようです。

 その他、日本は著作権が非常に厳しく、料金も超はんぱねぇ。しかも日本ではほとんどの楽曲はカスラック(!)がほぼ独占状態で管理している。だから、ミュージックチケットという概念をT3は日本側へ提案しているようです。ようするに、読んでみたことを簡単に言えばミュージックチケットを使って、音楽を再生出来る権利のことを指しているんだと思います。そして、そのBGMとして使用する料金も半端ない。だからストリーミング形式にして、コストも削減しようということも考えられている。

 ユーザーは良い曲をやりたいのは当たり前。さまざまな大人の事情に打ち勝つには、やはり、ユーザーのマネー投資も必要不可欠であるし、日本でいまいち盛り上がらない(ハンゲームでチャネリングをしていた頃は盛り上がった気もするが)このゲームは3度目の正直となって、再び活気が溢れる頃が来るのだろうか。

 いずれにしても、今後に期待したいところだ。

追記 2009/1/6 22:16
 なお、ダンパラの公式アンケートによって、ユーザーの一番プレイしたい音楽はアニメソングとJ-POPが圧倒的に多い。ようするにユーザーは、有名曲を求めているのが分かる。これは他国でも同じことが言えるのかもしれない。オーディションが始まったころからプレイしている私から言わせれば、韓国でもAudition World(既に終了)でも最初の頃は昔からある有名曲ばかりで、ユーザーが増えた印象が強かった。男女のカップルがそれらをネタにプレイする理由にもなる。リズミィでのクランキー氏もそうじゃないかな・・・(ネット上でのテクノ音楽としては認知率が圧倒的なので。sifowもリズミィ後、なぜか有名になったしね[しかも今はギャル社長をやめて農業家へ・・・])。

 まぁ、日本独特のFPS60制限の重さを、まずはどうにかしてほしいと今でも思うが・・・。

Posted by iamweak - 2009年01月06日 11:28 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.