シミュレーションラブ

「べ、別にあんたなんか好きじゃないんだからねっ!」と言い続けてたら口癖になり、2次元好き男女が周りに集うようになった人のブログ

ありがたい教え

 前にある本の解説をしてくれと言われた。基本的に同人誌でもそういったものはお断りしているんだが、大金を積まれ、ついつい手が出てしまった。最終的にはめんどくさいから寄贈ということにしたんだが、まるまる没になった原稿が手元に残っていたので、この場で掲載させていただきます。ちなみに言ってることはかなり好評だったらしい。

 私からの「ありがたい教え4」。

 1.文句を言う人にならない

 的確なところを捉えて、指摘する人は将来大きな人物にならない。そして、成功しない。明確な意味を添えて指摘したその人は成長するが、あなた自身の為にはならない。なぜならば、大抵その人が動くには無償がほとんどであり、逆にいえば損することが多いからだ。ストレスから来る風邪で病院へ行ったりする。すると、本来は家であまりお金を掛けずに済んだ昼食までも外食で食べることもあるだろうし、病院で別の風邪を移され、さらにお金がかかる場合がある。交通費だって、忘れてはいけない。たかが1000円とばかにしてはいけない。往復料金にしてみれば、相当痛い支出となる。

 ちなみに私が以前的確な意見を言い、言い合いになったこともあるが、私自身大きな人物になろうとしている訳ではないからである。逆にいえばその人を育てようとしているのであって、結果その人の周りの人も、将来それが役に立ち、形となって幸せになる可能性もあるからだ。


 2.高速道路では105kmを出す

 まず、運転が下手な人は通勤・通学で車を使うべきだ。次第に嫌でも慣れる。「酔い」と同じ。

 そして、50km速度制限というのはそもそも50kmは出さないと正直迷惑になる。
 また、車のメーカーによってメーターの誤差というものがある。2台が並行して走っていて、メーター上片方の車が100km/hで走っていたとしても、もう片方の車は105km/hを出していることだってある。

 ※なお、緊急時などを除く。

 3.握手をすべし

 ビジネス上相手の人間と握手をしてスキンシップを取るにはちゃんと意味がある。心理学上タッチングという、相手に触れるだけで無意識に好意を与えることになるからだ。相手が意識する程度触っても不快になり逆効果であって意味がないが、これは男女の席でも同じようなことが言える。
 日本人は挨拶と一緒に握手という糞難しい行為を敬遠しがちではあるが、初対面の相手で一番最初に握手をする場合、あなたが普通の人間ならばマイナスの評価になることはまずないので、安心してシェイクハンドをしよう。

 4.マナーを語らない

 逆に言えば、常識項目だ。この項目を教わること自体、間違っているのだが、知っておいて損はない。知らぬは一生の恥。

 5.裁判は相手を恨むのではない

 社会的な制裁を加えるにせよ、弁護士に相談する時間にせよ、そういった感情は裁判前には捨てるべきだ。それを別の感情に置き換え、分離および置き換えで補うべきだ。その補い先は情報である。既に集まっている情報を整理するのもよし、情報を探すのもよし、今まで見当たらなかったことまで情報が見つかることがある。

 普段慣れないことをすると我を見失いがちではあるが、そこら辺の不安は弁護士と一歩一歩相談する。なお、弁護士はあくまでも被害者や訴訟する人を代行するのであって、あくまでも、「精神相談」ではない。

 前にも話したことがあるかもしれないが、ある人は子供の頃から塾に行き、ずっと義務教育時代ほとんど満点で、何をやらせても失敗したことがない「スーパー社員」だった。もちろん学校の成績も高い。そしてある人は、子供の頃から遊びまくって失敗も常にしていた、「遊び人社員」。成績も悪い。

 この2人が新しいことをやらせて、同時に失敗したとする。
 「遊び人社員」は、普段から失敗に慣れているので、まぁしょうがないかぁと、失敗を繰り返して反省の色がない。
 しかし、「スーパー社員」はどうだろうか。この「スーパー社員」は、失敗したことがあまりない。だから、失敗したという経験がないので、責任感で苦しみ、落ち込みが激しいのだ。慣れがない。結果、自殺するとか、退社するとか、非人間的な行動を起こすことだってある。

 話を戻す。

 つまり、「スーパー社員」は弁護士に多いのである。だから、相談してしまうと逆に悪化する場合もある。なぜならば、弁護士は勉強づけで国家資格を取る人もいるからだ。不安になる気持ちは分かるが、そこらは、病院や専門機関の仕事である。

 ※あくまでも一例として弁護士をあげているのであって、全ての弁護士にそういう偏見を持っている訳ではないし、もちろん遊び人だっていることを心得ている。韓国人を嫌っている日本人がいるように、韓国人を好きな日本人がいることも分かっている。ようするに一例である。

 6.説明が下手な人

 説明が下手な人、上手い人がいる。説明が下手な人は何をやっても相手に伝わらず、相手を困らせることが多い。
 しかし、そんなのはどうでもよい。

 大切なのはその説明を「きちんと言葉にしておこして、ちゃんと噛み砕いて解釈し、把握できる人」になるのが重要なのである。
 「あいつ、説明が下手だから・・・」と言い訳にするのではなく、理解出来るまで何回でも聞くことが大切だ。

 7.メモを取るのではない。情報を取捨選択をせよ

 よくPCディスプレイの周りにポストイットを100個ほど貼り付けている人がいるが、逆に効率が悪い。確かに忘れないようにするにはそれが最適かもしれないが、非効率である。

 メモを取るのにはコツがある。必要な情報をすべて取るのではなく、SQLでさくっとselectするような感覚で情報を取捨選択し、これだ!と思う的確なものだけメモをする。明確なwhereやorderを指定せずに書くのがポイントである。見る時に必要な情報を検索することが少なくなるので効率が上がる。

 それが出来ない人は、メモを整理する時間まで作るとよい。削除や追加するわけではなく、移動もさせる。そして、わかりやすいように主キーつまり・・・インデックス、探しやすい検索場所を作るのである。ページ名、ページ式ポストイットなどを付ける。
 本来はそれを小学校~中学生でマスターしておくのが良いのだが、これがマスターできるようになると完璧なノートとなって、後で見かえした時は気分が良いと思う。

 余談だが、私に言わせれば、算数や数学で途中式を書かせるテストや、ノートをまるまる書かせる教師なんか、うんこだ。個々の個性どころか、個々の勉強効率まで潰している。

 8.この世に完璧な本などない(複数人で執筆した本は除く)

 「お金の貯め方」「合コンの必勝方法」などこういった本はすべてが正解項目が書いてあるはずがない。はじめから疑ってみるべきである。著者も人である。だからこそ、誤った考えが書かれている場合だってあることを前提に行動をすべきである。大切なのはあなたの気持そのものまで消えてしまうものだ。特に恋愛は強烈な信念で人を捻じ曲げる。ここらへんは星占いなんかと同じである。

以上


Copyleft : 幸せ配達人 2004 All Rights Reserved.

この記事は2004年に執筆されたものをiamweakが加筆/修正しました。9・10は、現在の社会的情勢の理由により、削除しました。

Posted by iamweak - 2009年01月03日 00:26

Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.