シミュレーションラブ

ニートはニートの悩みがあることを知らない一般人は、幸せだね。

この夏にお勧めの2冊の本。

GoGo
 毎年夏になると、夏の100冊といって、複数の小説を出版している会社がお勧めの本を紹介する。

 大抵は売れている本がピックアップされているので、好みがあるにせよ、あまりハズレというものが少ない。

 今回はその本を2冊だけ紹介してみよう。まぁ、ブログに書くネタが最近ないし。

 いきなりこのブログでC++講座やってもつまらんでしょ!ってことで。

 この夏にお勧めの本ですね。
 涼宮ハルヒの憂鬱は毎年お勧めの100冊入ってるし、このブログでも紹介したので、飛ばすとして。

Go」(小説)
金城一紀・角川文庫・2007/6
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード 在日,恋愛

 ひとつめは、「Go」。なかなか、在日うんぬんっていう問題は一部の人間が激しく反応するものだけど、自分は、あんまり興味がないので、すんなり読めた。

 ようするに普通の恋愛の話なんだけど、ラスト数ページが非常に印象深く、心に残る。

 自分も似たような経験があったしね。

 映画化もされたのも見たけど、まぁ、どっちもどっち。

 個人的には、やっぱ原作の方が好きかなぁ。


おいしいコーヒーのいれ方おいしいコーヒーのいれ方
蜂蜜色の瞳 おいしいコーヒーのいれ方second season」(小説)
村山由佳・集英社文庫・2009/6
オススメ度 ★★★★★
参考ワード なかなか進まない恋愛

 この作品、かなり前から読んでいるんだけど刊行間隔が長く、なかなかすんなり読めない。主人公勝利とヒロインかれんが織りなすピュアストーリーは、続きが気になって寝れないほどだ。

 ちなみに作者は農家育ちらしい。

 っていうか、よく考えたら2冊とも既に紹介した可能性が高いぜ・・・。

Posted by iamweak - 2009年07月18日 00:14 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(承認制)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.