シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

その子の笑顔はみんなの笑顔でした。

どこにだって行ける、と僕は思った。
里香がいるのならどこにだって行けるさ。

半分の月がのぼる空 oneday半分の月がのぼる空 oneday
半分の月がのぼる空 oneday」(ライトノベル・・・っていうか単行本)
橋本紡・アスキーメディアワークス・2006/2
オススメ度 ★★★★★
参考ワード (原作と同じ)
原作小説は全巻読破済

 ライトノベルかと思って買ったら、薄い単行本のようなハードカバーで届きました。原作小説は結構前に全て読みましたが、とにかく雰囲気がいいという言葉に尽きると思います。
 唯一の弱点としては値段が高すぎるってことでしょうかね。一般の人はまず内容と照らし合わせると値段分の価値までじっくり心の中に吸収できないと思います。けど、ファンの人はそんな心配無用。

 中身を見てみると「くっそぉおおおお、幸せすぎるこのやろう、よかったな」と感嘆します。

 あぁ、ほんとよかった。ほんとよかったぁ~とただの恋人ではない雰囲気をかもし出していました。

Posted by iamweak - 2008年09月29日 16:24 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.