Please enable JavaScript!

シチュエーションラブ -2nd Season-

シチュエーションラブ -2nd Season-

ツンデレオーディション管理人ブログ。Audition,X-BEATのオンラインゲーム情報の他、興味ある話題色々。

What's new

  1. Javaでいつも引っかかるListのループ

     ちょっとプログラマー的な話。システムエンジニアになって既に10年くらい立つんですが、どうしても引っかかってしまうことがいくつかあるので、その一つをご紹介。

     現在の主流言語はJavaですが、AndroidSDK...つまりAndroid開発も基本はJavaです。Swift(iOS)も似てるといえば似てるけど、どちらかといえばあれはC++に似てる。なんかA氏もよくやってしまうバグで盛り上がったんで、備忘録代わりにご紹介。とはいうものの、こういった直接的なプログラムの話をしてもここのブログの閲覧者で理解出来る人は少ないと思われるので、そんなに長くは話しません。

     List<String> list;の値を順番に表示したいときに考える動作方法は、以下の通りです。

    //動作①

    for(int iCount=0; iCount<list.size(); iCount++){//カウントをし、そのカウントがリスト最大値になったらループをやめる

    System.out.println(list.get(iCount));

    }

    //動作②

    for(String str:list){//リストの中身をstrに毎ループ展開し、なくなったらループをやめる

    System.out.println(str);

    }

    で、通常上記動作をする前に

    List<String> list = new ArrayList<String>();

    でリストを宣言します。

     

    動作①②、両方とも同じ結果が出ます。当方は、カウント値を取りたいときに動作①、そうでないときは動作②で実装するのが常なんですが、実はこれ、listのインスタンスが生成されていれば落ちません。

    ただしlistがNULLの時、動作②はNullPointerExceptionで落ちます。しかもインスタンスさえ生成していれば、リストの中のStringがNULLであっても上のソースでは落ちないという混乱仕様!

     この問題、私が新人に対して教えるときに上のような動作の説明をしてくださいって毎年出してます。List<String> listに対してインスタンスを生成(getInstanceとか、newとか)するのは、基本は普通でありますが、なぜだめなのかなぜおちるのかっていうのを理解するのは、教えるよりやってみた方が早いんだろうなぁといつも思ってます。

     たまのプログラミング講座はここまで。でわでわ。

  2. 割と物事を見えてる人だと、こんなことを思っている。

     仕事や私生活で「〇〇して下さい」と、言う人には私はなるべくいつも同じ答えにしないようにしています。
     それは、親が子供に言う言葉でも同じなんですが、「〇〇して下さい」といわれて、それに従えば「こう言えばこうなる」ということを言った側(上司や親)が学習してしまうからです。

     言えばやってくれる...となると、そんな命令を聞くだけのやっすい人間にはなってしまいますね。
     次に、今度は絶対「従わない」という選択肢をいつもしている人は、言った側が逆にそれを利用して「これは、やらなくて良いよ」と言われればやってしまいたくなる心理を応用して自在に操ってしまいます。

     なので、言った側をあの手この手でどうすれば自在に操れるか考えさせ、「〇〇あげるから、これやってくれる?」という言葉を引き出したとき、自分が頷けば良いのです。
     報酬を与えさえすれば命令を聞くと言うことを学習させてあげるのです。

     っていうことを、日常茶飯事に繰り返しても大抵の人は操られてることに気がつきません。
     でも長い時間一緒にいれば、相手が頭が良ければばれます。旧A氏(亡くなった副管理人)はそこが鋭く、結構短期間でバレましたが、こんなこまかいこたぁ気にしないで過ごせば良いのに、どうしてそんなことを考えるのかというとこういったことを日常茶飯事に考える人は周りの人間をかなり信用してないんだと思います。

     って俺じゃねーか!

  3. ストーリーモードがさらに増える!

     2017/6/15 KR AuditionUpdateでは、新規SECRET EPISODE Storyが80〜Story 90まで追加。
     今月中であれば、景品が2倍だそうな。なんだか久しぶりに踊りたくなってきましたねぇ...

  4. 韓国国内大会(2017)のオーディション開催の様子

     少し前にお知らせした韓国国内大会では、無事、終わったとのこと。当日はたくさんの方々が参加したようで、盛大に盛り上がりました。

     昔、日本では公式OFF会とか、マイオデ大会やらを思い出しますが、そんなレベルじゃないくらいに予算をつぎ込んでいるようです。

     ちなみに韓国国内大会1位の方は、NO.235エントリーの무극さん。100万ウォン...約10万円をゲットしたようです。しかし自分でも知っている方もいるのでやっぱ昔からやってる人は強いんだなぁって感心しました。

     グローバルトーナメント(世界大会)については、現状まだ情報がありませんが今後各国オーディションサイトで公開されていくようです。

  5. タイムボックス機能がSEASON4へ

     オーディション世界大会韓国国内大会が終了。特に何も情報なし。
     つこって、韓国公式オーディションの2017/6/1updateでは、「タイムボックス」機能がSEASON4になります。
     タイムボックスとはゲーム接続しているゲージがたまり、累積時間に応じて商品獲得が可能な機能です。
     タイムボックスは、割引アイテムやらももらえますが、1種類につき最大255個以上貯めることが出来ないので注意。AuditionってVC++で開発されてるんですが(非公開情報)ucharの最大値が255なので最大値が255なのれす...

  6. 「ため息を注意する人」を注意する人になろう。

     現在海外移住のA氏(ツンデレ副管理人)とたまに話をするのですが、特に念を入れて話をするのが「ため息を注意する人」について。

     ため息とは2種類あって、人間がストレスを抱えたりする場合と、ストレスを解放する場合に主に発する場合があります。前者は日本はストレス社会なので説明しなくてもなんとなくわかると思いますが、後者がわかりやすいのはひと段落ついたときにお茶をするときとかと言えばわかりやすいでしょうか。どちらのため息にせよ、人間のストレスに対する自己防衛機構なので、ため息を吐くのは非常に良いことなのです。

     しかし、周りの人がそのため息をつくことによりイライラして、注意する人がいます。注意をするとため息をついてた人もため息を我慢しストレスになり、ため息を我慢したからこそ裏の別の場所でさらにため息が出るという悪循環。

     A氏がよく言ってるのがそのため息をした人ではなく、注意する人の方がダメってことらしいです。

     そもそもがため息をつくからには、何らかのイライラの原因がその場にあるからであり、その"警告"を注意する人が無視しているのです。それが作業場の上司であれば、その人がイライラの原因を作ってるかもしれないとのこと。

     良いのは、それを"抑圧"させるのではなく、"解消"させてあげるのが良い方法論。

     ただ研修はストレス耐性を付ける場なので、そこではどんどん注意していくべきであり、研修でもないのにため息を叱咤されるその会社や日本全体は終わってると思います。なので、ため息をしてる人を見たら何が悪いのか"まずは"考えてみると良いです。

  7. オーディション韓国国内オフライン大会の商品が10万円

     2017/5/18 KR Audition updateでは、ビンゴイベントがあったりしますが、特に記載するものはなし。
     それよかオーディション韓国国内オフライン大会が5/27にあります。勝ち抜けすれば全世界大会にいけますが、韓国内での大会でも商品があります。文化商品券(韓国で有名な電子マネー)がもらえ、1位は1,000,000ウォン分(約10万円)もらえます。ちなみに48位まで商品あり。メトロノームアイテムは使えないらしい。

     参加者はトーナメント上位に入らなくても参加商品としてオーディションデスクマット、オーディション半袖Tシャツなどの現物商品の他にゲーム内アイテムで オーディション大会限定マーク、アバターなどももらえます。

     めっちゃお金がありますね...。
     肝心の韓国国内大会は2017/5/27。
     場所は「포포 PC방부천점 (구 로얄PC방)」(경기도 부천시 부천로 7 로얄쇼핑 4층)。

  8. フォトスタジオが追加!

     2017/5/11 KR Auditionアップデートでは、新しいフォトスタジオのテーマが追加されました。...他に、特にいうことはないです。

  9. 知識があれば、謎のURLは踏んでも怖くない(良い子は真似しないでね)

     2017/5/2updateは、韓国も連休なので本家オーディションもメンテ日を変更し、大したアップデートがなし。

     そんな中、当方はGWも当たり前に仕事漬けなので、誰か弄って遊ぼうかなと思ってるところ、あっきーから久しぶりにSkypeでなんかURLが送られてきた!なんだなんだと思い、そのURLを開いてみたけど、いくらかお金払えってでてるやん!うひょー!!!うおー!なんかアカウント乗っ取られてたっぽい!
     危険だ危険だうわぁぁぁぁ、とか思ったけど、どこから接続してるかこっちはわかるんで相手先を調べようと思ったけど、既にオフラインで時遅しでした...。こっちは専門だから、飛ぶ前にリファラはオフにしたり、ドメイン登録先とか調べられるから、まだ普通の人よりかは大丈夫だろうけど、最近こんなの流行ってて、まず一般ユーザーは対処が難しいのが多いよなぁ...。

     乗っ取られ以外でもSkypeはほかにも問題があって「ログイン状態を隠す」って設定がありますが、あれって全然隠れてません。PC詳しい人には、オンラインになってることはバレますので意味ないです。今の仕様上、隠している側も通信をしてるので。

     だからこういった知識があればあるほど、対処が簡単になるんで昔から情報発信の大切さを説いてきたわけですが、中で何してるかっていうブラックボックス的なとこもよく理解するのが自明の理と日々思うわけです。

  10. 2017年度オーディション世界大会が開催決定!

     全世界のオーディションに対する世界大会が開催決定したそうです!世界で開催している公式オーディションサイトやゲーム内にて、参加申請ができます。

     そもそも大会とはなんぞやって話からなると、国内大会で予選を勝ち抜くと世界大会への出場権がもらえます。そんで国も関係なく大会ゲームやっちゃおうぜ★っていうのが大会趣旨です。ちなみに、世界大会はリアル側で行うので本家韓国まで飛行機で移動になります(この記事執筆時点では詳細が判明していないので、そうとは言い切れませんが、以前はそうでした)。また当たり前ですが、その提供されている国の、オーディションゲームの運営国に住んでいる住民が対象となり、AuditionPVSも公式オーディションではないため、参加権はないのでご注意下さい。あと過去の大会を見ると大抵、韓国本家のユーザが勝ちますね。

     とりあえず、今年の韓国国内大会では、2017年5月27日午後1時30分(KST)開催予定だそうな。

     ちなみに世界大会の動画はYoutubeにもなかなかなく、現在は貴重なものなのですが、2006年AWC(=Audition World Championship)の動画がこのページのボタンを押した先の3ページ目[アクセス集中時、時間をおいてアクセス願います]にありました。パソコンオンリーの要FLASH環境でしか見れないのですが、興味がある方は見ておくとよいかも。

  11. BIG GAME MISSIONがさらにリニューアル!

    2017/4/6 KR Audition Update
    - ビッグゲームミッション2次リニューアルがアップデートされました。
    - 一般ミッション27個、隠しミッション9個が追加されました。
    - ミッションレベルが80に拡張し、評価が追加されました。
    ミッションブック内にミッションショップが追加されました。ミッション成功時得ることができるミッションポイントで、ミッションショップでアイテムを購入することができます。ちなみに、隠しミッション発動時隠しミッション専用ステージが表示されます。ナイトダンスモード、スポーツダンスモード(X-BEATでは、社交ダンスモードという名前でしたが、本家では2007年にモード名称変更されてます)、S B-boyモードは除外。

     その他、モバイルクラブオーディションXオンラインオーディションコラボイベントもあり。

     X-BEATだけをやってた人はわからないかもしれませんが、BIG GAME MISSIONは、現在ポイント制になっていて、そのポイントによってTier(ようはオンラインゲームにおいては称号のようなもの)が変わります。

  12. 溶けそうな、小声に、涙した―。

    「―何かを選ばない、を選択することが、選択肢でもある」
    ―幸せ配達人

     

     前にもよく言ってたけど、"生きてれば、きっと良いことあるよ"という言葉は世界で一番嫌いな言葉です。その意味は、悪いこともたくさんあるのに、良い面(メリット)だけを相手に教える何も考えてないことがどうも我慢できない...。っていう旨の原稿を、昔あるところに寄贈したら、あえなく没を食らいました。だったら、間を取って、心理学を学んでる人は心理学の裏を書いてその有識者の人を監査しちゃうから余計PTSDになるっていう原稿を寄贈したらもっと没を食らいました。「どうしてそんな後ろ向きに前向きなんだ」と叱咤され、面倒な世の中だなぁと思いながら、次の案も浮かんでこないのでしょうがないから「選択しないことを選ぶ選択肢」っていう自殺傾向者にむけるような話で採用されてしまったから、この社会はどうかしてるんだろうなぁと思いました。

     いやだからなんだっていう話じゃないけど、多分それは編集者の一存でリテイクされる前の原稿の方が絶対売れ筋だとか共感性だとか呼ぶ可能性もあったと思ったのに、なぜそこを編集者の権限だけで決めてしまうのかという、本当はアンケートサイトなんてのもたくさんあるんだから、そういったのを利用するのも手なんじゃないかとも思ったり思わなかったりした出来事であった。

     なぜかというと、その一番最初に出した原稿を読んで、ある人は、静かに涙していたのだから。

     

     つこって、なぜか更新が遅れていた2017/3/23 KR Audition update情報

     マスコットニックネーム変更券、カラーローションアイテム追加。カラーローションってなんかちょっとえっちっぽい名前のものは、ようはマスコットの肌の色を変更できるアイテム。購入時に確認可能なプレビュー機能も追加されるので参考にされたい。

  13. 女の子を要求するいたずらメール等にご注意ください

     いつもツンデレオーディションを閲覧頂き、ありがとうございます。

     最近、ツンデレオーディション、もしくは主管理人である幸せ配達人を名乗る不審な人物が、メールやゲーム内で金銭や女の子を要求するという事案が発生しております。

     現在、ツンデレオーディションや当方自身、および、副管理人であるA氏が、金銭関連を要求することは一切ありません。

     ましてや女の子どころか、現実の人間社会に愛想をつかしてますので、誰かに期待して何かを要求するということは一切ありません。

     

     ツンデレオーディションでは、サポートフォームからの投稿によりメール返信する場合は、デジタル署名が付加されており、メールアドレスや内容が改竄されていない証明書を付加して、送信しております。

     皆様には偽者にご注意頂きたいと思います。また都内一社畜で忙しいとされる当方は、オンラインゲームをやってる暇もないので、なかなか出没しません。ポケモンでいうミュウみたいなものです。ミュウっていったら、裏ワザ使うと勝手に大量に出てきちゃうんですが、裏ワザ使えません。皆様により一層、この場を借りて、注意をさせて頂く所存です。

     宜しくお願い致します。

  14. FAMハウス...もはや、そんな機能があったことさえみんな忘れている。

     2017/3/2 KR AUditionアップデートでは、FAM機能の改善アップデートが導入された。

     FAM掲示板の投稿修正ができるようになったり、FAMセンターの1〜5位ランキングに属するFAMは色変更されたり、FAMハウス出席をFAMセンターから直接行うことができるようになったりしました。

     一部、FAMハウスのお知らせにマウスオーバー時に通知を停止することができる機能は、後日に延期になったそうな。

  15. 人生は選択の連続。その選択肢が運命を決める... でも、選び直すことができるとしたら?

     タイムリープ映画の名作映画「バタフライエフェクト」が好きであれば、PS3/PS4/PC STREAMゲームである「ライフイズストレンジ」というゲームを知っていてもおかしくない。ここ最近、久しぶりに休みが取れたのでこのゲームをプレイしたのであるが一気にクリアしてしまった...。

     タイムリープとは、ようは時間を巻き戻してどうにか良い未来を目指そうとすること...つまり時間跳躍のことなのですが、このゲームは自身の選択によって後日のエピソードが変化するという単純なゲームです。ストーリー的にも、女性2人がメインの青春友情ストーリーなので仕事が超忙しい当方でも頭を使わないので、非常に助かります。仕事でも頭使ってプライベートでも頭使って世の中のことを考えてるだけで頭を使う当方は、これ以上考えることが多いと死んでしまいます。

     ゲームをしているだけで映画を見ている気分にさせられるこのゲームは、一度プレイすると先が気になってやめられなくなるので、困ってしまう。しかもアマゾンをはじめとした各プラットフォームで悪い評価が全然ないし、数々の賞を受賞しているので、評価がめちゃくちゃ高い。

     圧倒的なストーリーの面白さが人を身に惹き付け、私からもオススメしたい一品です。

【創設者】幸せ配達人

泣きゲー紹介

カテゴリ

最近のページリスト