Please enable JavaScript!

シチュエーションラブ -2nd Season-

シチュエーションラブ -2nd Season-

ツンデレオーディション管理人ブログ。Audition,X-BEATのオンラインゲーム情報の他、興味ある話題色々。

What's new

  1. ツンデレオーディションのトップドメインが常時SSLに対応

    http:// → https://

     ツンデレオーディションのトップドメインである「good-mind.com」に対して、常時SSLでのアクセスに対応しました。従いまして、サポートフォームからの投稿も全てSSLを通した通信となります。

     サブドメインであるツンデレオーディション(audition.good-mind.com)にも常時SSLをやりたかったんですけど、今回は設定対象外です。

     常時SSLとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化(SSL/TLS暗号化)するセキュリティ手法です。これまでは個人情報を入力する場面など、重要な情報をやり取りする場面のみで通信の一部を暗号化する方法が用いられてきましたが、これをウェブサイト全体に広げる方法が常時SSLで、既にYahooだとかGoogleだとかが対応しています。

     一体何がどうなるのかというと、セキュリティ面では、サーバの認証・通信内容の暗号化・改竄検出などを行います。これによって、なりすまし・中間者攻撃・盗聴などの攻撃を防ぐことができます。速度自体は20%減とか言われたりしてますが、実際にはHTTP/2などを使ってより早く通信できるので、積極的なSSL採用をしているサイトが増えています。

  2. 韓国本家ハンゲームで、オーディションのチャネリングサービスが開始!

     2017年9月14日(KST)、ついに韓国本家で、オーディションサービスが開始されます。
     日本では、リズミィ、X-BEAT、などもハンゲームでサービスしていたため、「おおっ!!」と声を上げて思う位なわけです。全世界オーディショントーナメントもやるくらいですし、間違えなく今後も期待できるでしょうね。

     公式HP情報が入り次第、世界のオーディションサイトURL紹介ページにて更新致します。

  3. オーディションオリジナル楽曲が久しぶりに追加!

     久しぶりにオーディションオリジナル楽曲として、以下の曲が2017/8/31付で追加となりました。驚きです。

     나비、Sha La La La、사랑해、사랑이온거야、네 곁에 있게만 해줘、AEIAOE、DANCE DANCE、러브테마、거짓말

     そんでもって、Maestro Achievementについてもアップデートされました。Maestro Battle, Maestro Rhythm, Maestro Dancingなど。詳しいことはゲーム内ヘルプを見てください。100レベルから150レベルまでの経験値とライセンス条件表を入手したのでついでに貼っておきます。

     あと、結婚式のお祝儀金額も追加になりました。世の中、金です。

    レベル

    最小den

    最大den

    1〜10

    500

    5000

    11〜20

    1000

    10000

    21〜30

    1500

    15000

    31〜40

    2000

    20000

    41〜40

    2500

    25000

    51〜60

    3000

    35000

    61〜70

    3500

    50000

    71〜80

    4000

    60000

    81〜90

    4500

    80000

    91〜100

    5000

    100000

    101〜110

    6000

    120000

    111〜120

    7000

    140000

    121〜130

    8000

    160000

    131〜140

    9000

    180000

    141〜150

    10000

    200000

  4. THE WORLD CLASS TOURNAMENT(オーディション世界大会)参加国決定!

    世界大会

     オーディション世界大会「ザ・ワールド・クラストーナメント」は、5か国で対戦することが決定しました。というか、前から決定していたんですが、このブログの下書きに隠されてて投稿するの忘れてました。

     対戦国は、各オーディションサービスを実施している国である、韓国、中国、台湾、タイ、インドネシアとなりました。

     世界大会日時は、2017/9/23 13時(KST)~です。肝心の賞金総額は30,000ドル!!現状の円レートでは、日本円でおよそ330万円となります。

     300万円オーバーってやばいっすね!!!!

  5. 自作Androidアプリ「Alarm Clock Light」をリリース!

    Google Play Image

     自作Androidアプリ「Alarm Clock Light」がGoogleの審査を経て、Google Playにてリリースされました。

     初回リリース時は、Android7.0以上のみで対応していましたが、この記事を書いている段階のVer1.3では、Android6.0以上対応となっています。今後Android4.2程度までバージョンダウンしたリリースも予定しています。また、日本語版だけではなく「英語版」としても使用可能です(Androidの言語設定を弄って下さい)。

     アプリの内容としては、非常にシンプルなアラーム機能を持ったアプリ。というより、元々当方が目覚めが悪くて朝起きるときに自動的にスマホのライトで起きたいなぁ・・・って思って、なんか良いアプリがなかったんで、結局自分で作りました。友人に限定公開したら好評だったんで一般公開に踏み切った次第。

     人間は、光で起こすことで生体リズムを崩さずに自然と起きられるので、朝の目覚めがすっきりになります。

     ↓こんなのも売ってるらしいです。

     機能はいいんですけど、電波時計でないので時計がくるってしまうのがどうしても気になって手が出なかった。あいにくAndroidはNTPやGPSで勝手に時刻を合わせてくれるので、やっぱスマフォだなぁと思った次第。おまけにアプリ自体は、大元がJava言語なので、知識があれば比較的簡単に作れるんですけど、最新API(わかりやすく言うとどのアンドロイドバージョンで対応したアプリを作るのかというプラグイン)で作っとけばなんとかなるだろーとか思ったら、APIのバージョンが変わるとだいぶソースが変わるんですね...。たまたま自分が比較的最新ANDROIDスマートフォンだったので新しい環境で作りましたが、最初から古いAPIで作っておけば良かった...。

     まあそんなこんなで、アラームでの目覚めが悪いので、ライトでの目覚めにしました。通常のアラームとして着信音やら、振動やらの呼び出し機能も付けておきましたが、自分的にはライトで素晴らしい目覚めで起きたい次第...。

     つこって、完全無料でアプリ公開中なので、興味がある方はダウンロードしてみてください。今後のバージョンダウン対応のほか、機能のアップデートも予定してますが、あいにくいつものように仕事が多忙すぎるんで、飽きたら別のアプリ作ってる気がしないでもない......まぁこのアプリでも、作ってほしいアプリでも、何か要望があれば普通に対応しますよ。

    Google Play で手に入れよう

     ちなみに余談ですが、iPhoneのアプリは標準でライトを点滅させるオプション設定(設定→一般→アクセシビリティ→LEDフラッシュ通知)があるので、現状アプリ作成予定はありません。

  6. オンラインゲーム「スカッとゴルフ パンヤ」サービス終了

     オンラインゲーム「スカッとゴルフ パンヤ(原題:PangYa)」のサービス終了が決定しました。

     実は、このゲーム、オーディションと同じ頃にサービスが開始されたというオンラインゲームで遊ぶ人にとってはかなり大型タイトルでした。このゲームにてゴルフ用語を覚えた人が結構多かったようです。

     オーディションは今週のアップデートもパッとしないものが多いので紹介はしませんが、まだまだアップデートがあるということは続く気配はあります。しかし、長く続いていたゲームが、次々に終了となっていく事実は残念ですね。

  7. Javaでいつも引っかかるListのループ

     ちょっとプログラマー的な話。システムエンジニアになって既に10年くらい立つんですが、どうしても引っかかってしまうことがいくつかあるので、その一つをご紹介。

     現在の主流言語はJavaですが、AndroidSDK...つまりAndroid開発も基本はJavaです。Swift(iOS)も似てるといえば似てるけど、どちらかといえばあれはC++に似てる。なんかA氏もよくやってしまうバグで盛り上がったんで、備忘録代わりにご紹介。とはいうものの、こういった直接的なプログラムの話をしてもここのブログの閲覧者で理解出来る人は少ないと思われるので、そんなに長くは話しません。

     List<String> list;の値を順番に表示したいときに考える動作方法は、以下の通りです。

    //動作①

    for(int iCount=0; iCount<list.size(); iCount++){//カウントをし、そのカウントがリスト最大値になったらループをやめる

    System.out.println(list.get(iCount));

    }

    //動作②

    for(String str:list){//リストの中身をstrに毎ループ展開し、なくなったらループをやめる

    System.out.println(str);

    }

    で、通常上記動作をする前に

    List<String> list = new ArrayList<String>();

    でリストを宣言します。

     

    動作①②、両方とも同じ結果が出ます。当方は、カウント値を取りたいときに動作①、そうでないときは動作②で実装するのが常なんですが、実はこれ、listのインスタンスが生成されていれば落ちません。

    ただしlistがNULLの時、動作②はNullPointerExceptionで落ちます。しかもインスタンスさえ生成していれば、リストの中のStringがNULLであっても上のソースでは落ちないという混乱仕様!

     この問題、私が新人に対して教えるときに上のような動作の説明をしてくださいって毎年出してます。List<String> listに対してインスタンスを生成(getInstanceとか、newとか)するのは、基本は普通でありますが、なぜだめなのかなぜおちるのかっていうのを理解するのは、教えるよりやってみた方が早いんだろうなぁといつも思ってます。

     たまのプログラミング講座はここまで。でわでわ。

  8. 割と物事を見えてる人だと、こんなことを思っている。

     仕事や私生活で「〇〇して下さい」と、言う人には私はなるべくいつも同じ答えにしないようにしています。
     それは、親が子供に言う言葉でも同じなんですが、「〇〇して下さい」といわれて、それに従えば「こう言えばこうなる」ということを言った側(上司や親)が学習してしまうからです。

     言えばやってくれる...となると、そんな命令を聞くだけのやっすい人間にはなってしまいますね。
     次に、今度は絶対「従わない」という選択肢をいつもしている人は、言った側が逆にそれを利用して「これは、やらなくて良いよ」と言われればやってしまいたくなる心理を応用して自在に操ってしまいます。

     なので、言った側をあの手この手でどうすれば自在に操れるか考えさせ、「〇〇あげるから、これやってくれる?」という言葉を引き出したとき、自分が頷けば良いのです。
     報酬を与えさえすれば命令を聞くと言うことを学習させてあげるのです。

     っていうことを、日常茶飯事に繰り返しても大抵の人は操られてることに気がつきません。
     でも長い時間一緒にいれば、相手が頭が良ければばれます。旧A氏(亡くなった副管理人)はそこが鋭く、結構短期間でバレましたが、こんなこまかいこたぁ気にしないで過ごせば良いのに、どうしてそんなことを考えるのかというとこういったことを日常茶飯事に考える人は周りの人間をかなり信用してないんだと思います。

     って俺じゃねーか!

  9. ストーリーモードがさらに増える!

     2017/6/15 KR AuditionUpdateでは、新規SECRET EPISODE Storyが80〜Story 90まで追加。
     今月中であれば、景品が2倍だそうな。なんだか久しぶりに踊りたくなってきましたねぇ...

  10. 韓国国内大会(2017)のオーディション開催の様子

     少し前にお知らせした韓国国内大会では、無事、終わったとのこと。当日はたくさんの方々が参加したようで、盛大に盛り上がりました。

     昔、日本では公式OFF会とか、マイオデ大会やらを思い出しますが、そんなレベルじゃないくらいに予算をつぎ込んでいるようです。

     ちなみに韓国国内大会1位の方は、NO.235エントリーの무극さん。100万ウォン...約10万円をゲットしたようです。しかし自分でも知っている方もいるのでやっぱ昔からやってる人は強いんだなぁって感心しました。

     グローバルトーナメント(世界大会)については、現状まだ情報がありませんが今後各国オーディションサイトで公開されていくようです。

  11. タイムボックス機能がSEASON4へ

     オーディション世界大会韓国国内大会が終了。特に何も情報なし。
     つこって、韓国公式オーディションの2017/6/1updateでは、「タイムボックス」機能がSEASON4になります。
     タイムボックスとはゲーム接続しているゲージがたまり、累積時間に応じて商品獲得が可能な機能です。
     タイムボックスは、割引アイテムやらももらえますが、1種類につき最大255個以上貯めることが出来ないので注意。AuditionってVC++で開発されてるんですが(非公開情報)ucharの最大値が255なので最大値が255なのれす...

  12. 「ため息を注意する人」を注意する人になろう。

     現在海外移住のA氏(ツンデレ副管理人)とたまに話をするのですが、特に念を入れて話をするのが「ため息を注意する人」について。

     ため息とは2種類あって、人間がストレスを抱えたりする場合と、ストレスを解放する場合に主に発する場合があります。前者は日本はストレス社会なので説明しなくてもなんとなくわかると思いますが、後者がわかりやすいのはひと段落ついたときにお茶をするときとかと言えばわかりやすいでしょうか。どちらのため息にせよ、人間のストレスに対する自己防衛機構なので、ため息を吐くのは非常に良いことなのです。

     しかし、周りの人がそのため息をつくことによりイライラして、注意する人がいます。注意をするとため息をついてた人もため息を我慢しストレスになり、ため息を我慢したからこそ裏の別の場所でさらにため息が出るという悪循環。

     A氏がよく言ってるのがそのため息をした人ではなく、注意する人の方がダメってことらしいです。

     そもそもがため息をつくからには、何らかのイライラの原因がその場にあるからであり、その"警告"を注意する人が無視しているのです。それが作業場の上司であれば、その人がイライラの原因を作ってるかもしれないとのこと。

     良いのは、それを"抑圧"させるのではなく、"解消"させてあげるのが良い方法論。

     ただ研修はストレス耐性を付ける場なので、そこではどんどん注意していくべきであり、研修でもないのにため息を叱咤されるその会社や日本全体は終わってると思います。なので、ため息をしてる人を見たら何が悪いのか"まずは"考えてみると良いです。

  13. オーディション韓国国内オフライン大会の商品が10万円

     2017/5/18 KR Audition updateでは、ビンゴイベントがあったりしますが、特に記載するものはなし。
     それよかオーディション韓国国内オフライン大会が5/27にあります。勝ち抜けすれば全世界大会にいけますが、韓国内での大会でも商品があります。文化商品券(韓国で有名な電子マネー)がもらえ、1位は1,000,000ウォン分(約10万円)もらえます。ちなみに48位まで商品あり。メトロノームアイテムは使えないらしい。

     参加者はトーナメント上位に入らなくても参加商品としてオーディションデスクマット、オーディション半袖Tシャツなどの現物商品の他にゲーム内アイテムで オーディション大会限定マーク、アバターなどももらえます。

     めっちゃお金がありますね...。
     肝心の韓国国内大会は2017/5/27。
     場所は「포포 PC방부천점 (구 로얄PC방)」(경기도 부천시 부천로 7 로얄쇼핑 4층)。

  14. フォトスタジオが追加!

     2017/5/11 KR Auditionアップデートでは、新しいフォトスタジオのテーマが追加されました。...他に、特にいうことはないです。

  15. 知識があれば、謎のURLは踏んでも怖くない(良い子は真似しないでね)

     2017/5/2updateは、韓国も連休なので本家オーディションもメンテ日を変更し、大したアップデートがなし。

     そんな中、当方はGWも当たり前に仕事漬けなので、誰か弄って遊ぼうかなと思ってるところ、あっきーから久しぶりにSkypeでなんかURLが送られてきた!なんだなんだと思い、そのURLを開いてみたけど、いくらかお金払えってでてるやん!うひょー!!!うおー!なんかアカウント乗っ取られてたっぽい!
     危険だ危険だうわぁぁぁぁ、とか思ったけど、どこから接続してるかこっちはわかるんで相手先を調べようと思ったけど、既にオフラインで時遅しでした...。こっちは専門だから、飛ぶ前にリファラはオフにしたり、ドメイン登録先とか調べられるから、まだ普通の人よりかは大丈夫だろうけど、最近こんなの流行ってて、まず一般ユーザーは対処が難しいのが多いよなぁ...。

     乗っ取られ以外でもSkypeはほかにも問題があって「ログイン状態を隠す」って設定がありますが、あれって全然隠れてません。PC詳しい人には、オンラインになってることはバレますので意味ないです。今の仕様上、隠している側も通信をしてるので。

     だからこういった知識があればあるほど、対処が簡単になるんで昔から情報発信の大切さを説いてきたわけですが、中で何してるかっていうブラックボックス的なとこもよく理解するのが自明の理と日々思うわけです。

【創設者】幸せ配達人

泣きゲー紹介

カテゴリ

最近のページリスト