シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

nVIDIA GeForceの性能の秘密。

 私はグラフィックボードにNVIDIA社のGeForceを使い慣れていますので、これを使用していました。

 今現在はNVIDIA GeForce 9600GT程度が主流なのかな?価格も大分落ち着いて着ている。
 「8600GT」ならば 8→世代 6→クラス 00→バージョン GT→性能指標

 このクラスの値が高いほど、グラフィック性能が高いということになります。
 簡単に言えばグラフィック性能が良い順でいえばこんな感じ。

GeForce GTX 280
GeForce GTX 260 = ATI Radeon HD 4870程度
GeForce 8800GTS
GeForce 9800GT = ATI Radeon HD 4850程度
GeForce 9600GT

 性能座標の文字もGTX、Ultra、GTSなんていう名前のものもありますが、現在のところGTX、Ultraが一番上のものですね。ようするに数値だけを見ているのではなく、「世代」が9という最新のものでもイコール高性能という訳ではないのです。クラスや性能座標を目安にどんだけ高性能なんだと見るのが普通。
 一番いいのはベンチマークテストをするのが一番分かりやすいんですが、同じ同一のグラフィックだとしても動作がおかしいのもあるし、他の部分…ようするにCPUだとかメモリだとかそういった部分も間違えなくPC動作には左右されます。

 X3/Auditionは 現在のところNVIDIA GeForce 6600以上が推薦グラボ。
 実際そんなにグラフィック領域を取らないゲームなので、オンボードでも動かせますが性能が違います。

 自分のパソコンが搭載しているグラフィックボード詳細を見たい時はこちらで説明しています。

 高性能と自慢しているアナタ!ただ、CPUがCore 2 ExtremeやCore 2 Quadだったとしてもグラボがしょぼかったらオンライン3Dゲームしてる場合じゃありません。マザーボードが対応しているかどうか確認して、すぐに増設しよう!!※自己責任で。

Posted by iamweak - 2008年10月22日 19:23 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.