シミュレーションラブ

友人の結婚式の時、フィンガーボールの水を飲んでいた人に「おねぇさん、かわいいことしてますね♪」と言ったら殴られた人のブログ。

2巻に全く「ビリビリ」が出てこない。

とある魔術の禁書目録とある魔術の禁書目録
とある魔術の禁書目録」(ライトノベル)
鎌池和馬・電撃文庫・2004/4
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード SF,謎の右手,シスター,科学,魔術,ビリビリ
SSを含め、既巻17巻中2巻読破済

 突然ですが、私は女子学生が大好きです。このライトノベルを読んだきっかけは、やっぱりアニメです。とらドラ!と同じところが制作してるんですが、とりあえず小説の方を随分前に大人買いしておきました。
 が、あまりにもお金がなく、13巻までしか買ってません。中途半端すぎる大人買いはひもじいです。
 ちなみにアニメの方はブルーレイディスクも発売されるそうな。ブルーレイディスクでこのアニメをやったのも正解だね。なにしろ、BGM I'veの曲もかなり好きだし。
 ちなみに、この間の秋葉原で声優さん達の顔を見てます。ちょうど、とらドラ!ステージ前だったので、最後まで見てませんが、シスターの人が若かったかなぁ。

 それはおいておいて、実際の中身の方は、「科学」が常識として街に浸透している科学都市。そこに魔術を使う物・・・ではなく、よくわからないシスターが落ちてきて・・・主人公がありえない力を発揮する・・・!みたいな話。

 個人的にはヒロインシスター「インデックス」より「ビリビリ」の女子学生の方がなんか好きです。まだ2巻までしか見てませんが、1巻のプロローグ的な重要な位置にいたようないなかったような気がしたのに、2巻では全く出てこないというどうなってんのこれみたいなストーリー構成。作者自身もあとがきでなんか言ってますが、今後読んでると出てくるのかな?

 この続きは、またいつか書くことにしましょう。

Posted by iamweak - 2008年10月20日 14:14 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(ブログ反映は20分後)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.