Home > Archives > 2009年04月

2009年04月

.htaccessで特定のIP範囲だけをdenyする

 .htaccessは、サーバーのディレクトリを弄る上で欠かせないものでようするにアクセスを拒否するかしないかを設定ファイルと思っていただけばイメージはわくと思いますが、個人的なメモを兼ねて、複雑なIPの拒否方法を指定してみたいと思います。

 例えば、61.247.192.0 - 61.247.223.255範囲を拒否しようとするとしましょう。普通は

order allow,deny
allow from all
deny from 61.247.

 と、簡単に書いてしまうかもしれませんが、これだと61.247.0.0~61.247.191.255までの人もアクセス出来なくなってしまいますね。
 ここで登場するのがネットマスクってのです。上のIPの範囲を拒否するのは

order allow,deny
allow from all
deny from 61.247.192.0/19

が正解。

 これは、61.247.192.0というIPアドレスを2進数で計算し直すと
00111100 11110111 11000000 00000000
となり、61.247.223.255を2進数で表すと
00111100 11110111 11011111 11111111
という風になると思います。

 計算方法は、IPアドレスは10進数なので2進数に計算する位、基本情報技術者試験程度のレベルを持っている方なら簡単だと思いますので、勝手に計算していただくとして、答えのdeny from 61.247.192.0/19の最後の19の部分は、先頭から19bit目まで同じ数字なので、その範囲を拒否することができるということになります。

 他の書き方もありますが、こっちの方が仕組みも分かりやすいので、こちらのみを今回はメモしておくとします。

X-BEATがTBSで特集される。

 X-BEAT公式HPに、ほとんど情報がない!どんだけ~と思うこと早1年。

 2009/4/28updateより、X-BEATがネットカフェに登場した。ネットカフェでプレイすると、DENと経験値が1.5倍になる。
 また、2009/4/29 AM1時29分 TBS「アナCAN」にてX-BEATが登場。番組内容は、TBS2009年度4月入社の新人アナウンサーが司会進行する深夜のバラエティ番組。

告知、確実におせえ。

 日にちが過ぎてなかったら、地上デジタルで録画してあげようと思ったが、そういうのはもっと前からどっかに書いておくべきだと思う。忙しいったらありゃしない。
 テレビ放送は、リズミィ時代のsifow特集以来、ネットカフェサービスはダンシングパラダイス以来だから、どちらにしても興味ない人には全く意味のない話でもある。

 公式ネットカフェの検索はこちらから。

「ここから先は本気だクソ野郎」

「―姫路を泣かされた時から、コイツはスイッチが入っていたってことだ」

バカとテストと召喚獣バカとテストと召喚獣
バカとテストと召喚獣6」(ライトノベル)
井上堅二・ファミ通文庫・2009/5
オススメ度 ★★★★★
参考ワード 恋,肝試し,かっこいい少年、少女達,召喚戦争システムエラー
既巻4巻読破
第8回えんため大賞編集部特別賞受賞

 いやー今回もすごかった。女性群は相変わらず魅力的なのは毎回なんだが、今回は主人公群も終盤かっこよく、一気に読んでしまいました。もちろん、笑いどころもたくさんあって、隣の部屋から苦情が来てしまったくらいである。
 すでにアニメ化も決定しており、今後さらに売れ行きがよくなりそうな作品でもある。

 ストーリーは相変わらず、召喚戦争を使用したシステムで、今回のお相手は先輩方。

 しかし毎度おなじみ、あとがきまで面白い。そろそろ、あとがきがメインの本を出版してみてはどうだろうかと考えてしまうほどだった。

「Pure Soul~想い出の雫~」14話

 おかしい。何かが非常におかしい。ここ、「Pure Soul~想い出の雫~」をアップしているこの数日、このブログの観覧率が上がっている。このブログはトップページではないので、RSSなどソフトで読み取ってる人が大半で、ツンデレオーディショントップページの、10分の1のアクセスさえ普段はない。
 ただアクセスが増えるのは一時的なことなのでWWWの特性上しょっちゅうあるが、おそらく、滞在時間が増えていると思われ、みんな一生懸命この作品を読んでいるらしい。

 しかし次回、もう最終話です(未完結)。
 まとまりもつながりも落ちもない、最終回にご期待下さい。

Continue reading

「Pure Soul~想い出の雫~」13話

 言い忘れていたかわからないが、プロローグ5話(1~5)と、第1章5話(11~15)で、実はこの作品は終了なのである。なんちゅう、不完全燃焼っ!!
 続きを書けと言われても正直「無理」。なぜならば、当時何をしたくて、何を想い、何を目標に執筆していたかわからないからだ。ついでに言えば、この投稿する「Pure Soul~想い出の雫~」文章そのものを当方は読んでない。なぜかと言われれば、文章が気持ち悪いからだ。まぁ入院前だしね。

 ブログの場繋ぎって最初に言った通りなので、もう既に飽きてる人もいるかもしれませんが、この記事を除いてあと2話で終わりですので、最後までお付き合い下さい。

Continue reading

迷い猫達の団結力と、驚愕の牛乳オジサンの真実へ

みんな、大好き♪

迷い猫オーバーラン!迷い猫オーバーラン!
迷い猫オーバーラン!4 みんな私が拾います」(ライトノベル)
松智洋・集英社スーパーダッシュ文庫・2009/4
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード プレゼント,クリスマス,家族,家出,仲間
既巻4巻読破

 今回もサイン本が秋葉にあったらしいけど、やはり普通の平日に秋葉原に行くのには無理があった。まぁ、既に持ってるから、欲張り禁止って怒られちゃいそうですが!

 ってことで、待ち遠しかった4巻が発売。
 新キャラクターがまたもや登場し、いつもの家族的な雰囲気がばっちり見える。季節はクリスマスイブと、めちゃくちゃ季節外れですが、いつもに増して、今回のメインは新キャラクターの他に、全てを包み込む乙女姉さんの愛が炸裂っ!
 ついでに、前々からいるツンデレっ子も魅力的で、今回も読みごたえ抜群だ。

 作者の執筆ペースも速い。もう既に次の巻が2ヶ月後に発売予定であり、もちろん、次回も購入予定。次回も楽しませてくれること間違えない。ほんとこのシリーズはおもしろいです。

HIDDEN NPC、真っ黒な影が追加される

BEATRUSH HIDDEN NPC

 先週の韓国オーディションアップデートで、追加のBeatrushNPCの他に、HIDDEN NPCも追加されました。
 その内の一つが、変な影です。当方のディスプレイだと本当に真っ黒なので、オーバーレイを通して少し内部で明るくしないとグラボ標準の設定では見えない位に暗い影となってます。

 なので特別に、さらに画像補正して、黒い影の正体を暴いてみました。普通のゴリラですた。

 ちなみに、高性能なディスプレイだと一応暗いながらもコントラストなどが綺麗に調整されているので、きちんと見えることを確認しました。別にオーバーレイで変な設定を動かすんじゃなくて、ディスプレイの明るさ調整なんてのがあるのならば、それだけでもかなり見えるようになると思います。

「Pure Soul~想い出の雫~」12話

 11話を終えると、12話からプロローグは何処へ行っちゃったんだと言う位に一気に話が飛んで訳がわからなくなる。正直、読んでる自分もさっぱり訳がわからない。
 当時はハードボイルドなマスター(実在の人物がモデルだったっけ)にあこがれ、タバコはしないけど、コップだけをきゅっきゅっと拭く作業を好んでしていたこともあったりする。何かの練習のつもりだったらしい。
 実はそのコップは布巾で拭いているのではなく、雑巾だったというとんでもない落ちが付きましたけれども、憧れる人物像じゃないですか?・・・今ではそう思ってないんですけどね。

Continue reading

「Pure Soul~想い出の雫~」11話


※公開当時はFLASH6以上で対応でしたが、現在の配信都合上FLASH10以上が必要です。

Continue reading

「Pure Soul~想い出の雫~」プロローグ5

 さて、次回の投稿は、ついに第1章の11話目になる。プロローグは1~5話だが、6-10話がない。理由は不明。
 とはいうものの11話は、OPテーマ曲がメインであり、FLASHによる曲が聞ける。まだFlashのライセンスを持っている会社が合併していなかったころなので、H,264などが使用出来ないなど今より有用性がなかったので、歌詞がそのまま見れる動的コンテンツとして鑑賞するだけである。
 公開当時は雰囲気を出すために、背景が真っ黒でそのページだけ特別仕様となっていたが、FLASH内部の歌詞はまだいい。しかし、そのページに記載されている詩みたいのが正直気持ち悪い。

 ぜひ、次回をお楽しみに。

Continue reading

「Pure Soul~想い出の雫~」プロローグ4

 言ってもいいかわからないが、実はこのブログ記事はいっぺんに投稿命令を出しているので実際は本日にこの文章を投稿してるのではなく、数日前に投稿しているのだ。投稿当日に何か用件を付け足すこともあるし、別記事が先に投稿されているってこともしばしばある。
 何が困るかといえば、気分次第で投稿前の記事をひっちゃかめっちゃかにかき混ぜ、次の日になったらその投稿を削除した記事まで投稿した気になっていたり気分次第でひっちゃかめっちゃかになることである。

 正直、この小説的な何かも、ここで投稿を止めてしまいたいとも思っていたりする。

Continue reading

日本のX-BEATが人が増えない理由

 前にもやったかもしれないけど、現状を踏まえた上で再度検討。この記事は、2009/4/18に執筆されたものです。

1.導入が難しい。
 「高スペックのPC」が必要なゲームなのはしょうがない。だが、それだけでなく、DirectX、ActiveX(今期はこれがさらに問題)、対応ブラウザはIE6~8のみ、OSはWindowsXPのみでVistaは動作不良とちょっと大変。さらにスクリーンモード(通称窓化)が出来ないのでさらに重くなる。

2.FPSが61を超えない。
 FPSが61を超えない(事実上60fps。配列とかは普通0を数える)。個人的には心理的な面を考えれば、これの原因がかなり比例としてあるのかと思ってます。高性能なグラボとPCでもなぜか日本のオーディション「X-BEAT」のみが60を越えられない。どう設定をいじっても、だめ。他国は130fpsで安定。

3.曲が少ない。
 通常、1週間に5~7曲がアップデートの目安であり、2週間に一度更新される日本のアップデートは1回のアップデートで5曲程度では少なすぎる。
 原曲がアップデートされないのもまた問題。Ryzme期間はチャンネル5が全て埋まったこともあることもある。一時とはいえ、韓国有名人気曲の原曲が入ったことも上げられる。
 他国オーディションが成功した事例として「日本では音楽ゲームは向いてない」という見解があるけど、そもそも他国オーディションは昔からあった有名曲の原曲がそのままFULLで高音質で入っていたし、それだけじゃなくて最新曲もすぐにアップデートされていたという経緯もある。
 韓国の著作権の仕組みとしては管理している所が一つにまとまっているので日本では一番重要な著作権隣接権などの面倒な手続きが簡易化され、すぐに最新曲などもアップデート出来た。さらにチャネリングサービスとしてbugsはレーベル業務も承っていたため、さらに簡単に有名曲が入ったという点もある。SE7EN、Wheesung(現在はyedangじゃないよ)、1TYM、LEE JUN HYONとかもその系統。

 sifowもなんだかんだ人気があったけど、あれはなんていうかオフラインイベントの成功ってのもあるんじゃないかなぁ。

 クランキー氏がユーザーの人気を著しく獲得したのは、プレイユーザーにマッチしたっていう点もあったと思う(当時)。今はDTMが流行ってるみたいだし、みっくみっくにされちゃいたい。

 ダンパラのアンケートでの導入してほしい人気投票系統1位はアニメソング、2位はJ-POP。しかしX-BEATに入ったのは予想斜め下のカバー曲っ!

 なんだか「3」の方が長くずらずら書いてるけど、個人的には「2」の問題をいち早く解決してほしいと思う。ほら、SEって優先事項が低いと判断すれば、それらの項目は無視しちゃうってのが必然なんですよね。ライフハックな状況が作られてない。
 カップルモードが入って出会い系だとか、大人の事情だとかで人が増えたとか見解も色々あるんだろうけどさすがに、サービス終了して、4本目のパブリッシャーはないだろうから、長く続いてほしいなぁとは思うんだけどね・・・。

 

 あとX-BEATのアフィリエイトがいつのまにかこっちに移ってた。

「Pure Soul~想い出の雫~」プロローグ3

 ストーリー展開は早い。なぜならば、当時の執筆方法としては概要のようなものを執筆した上で、それらをなぞるように、さらに文章と文章の間へ執筆追加するやり方が書き方だったらしい。実際は、公開前はそんなことを忘れていたので、誤字脱字のチェックもしておらず、ところどころ確実に文章がおかしいところも見える。
 それらも今回は原文ママに公開しているので、ご承知いただきたい。

Continue reading

「Pure Soul~想い出の雫~」プロローグ2

 製作当時の設定を今日は公開。何がしたかったのか、全く不明だ(記憶喪失的な意味で)。ちなみに、登場人物の一部は実際にいる人物の本名だという。
 プロローグ構成は第5話まであり、第1章から第5話ってことになるはずだったのだが、なぜか第1章は「11」からスタートしている。本当にさっぱり意味不明だ。

ストーリー:
毎日、俺についてくる彩加。周りの連中にどやされても何気なくかわし、俺についてくる。鬱陶しいけど意外に気が利く奴で、俺の毎日はそこから始まる。
ある日の学校でのできごとだった。綾香が一人で帰りたくない理由…。それを俺は思い出してしまった。

イメージ参考語群:
純愛 / 幼馴染 / 思い出 / 高校 / 無邪気 / 切なさ

登場人物:
安藤健一(あんどうけんいち)→ 部活は真面目だが、いくつかの独自のモットーを守り抜く為に毎日を生きていると宣言している。優しい気遣いもあり、モテモテという噂がある。綾香と幼馴染。

音海綾香(おとみあやか)→ 世話好きの無類。純粋な子で、女の子らしいという表現がぴったりの子である。外観は小柄で、心のケアは心理アドバイザーより上手い。一人でいるのを限りなく嫌う。健一と幼馴染。

(勝)(まさる)→???

(弟)(???)→口癖は「やるなら今しかないんだ!」という言葉。限りなく意味不明。

マスター→ある喫茶店のマスター。

Continue reading

公式ホームページがゲームタイトルを間違える。

X-BETA オンラインゲーム「X-BEAT」の公式ミニアンケートの質問文がおかしい。

 「X-BETA」ってなんでしょう・・・。

 X-BEATのβ版は「X3」という名前で運営されていましたが、X-BETAって一体なんでしょうか・・・。

「Pure Soul~想い出の雫~」プロローグ1

 あまりにも当方、忙しくなってきたので、同人誌として没となった”あの”伝説のサイトの「Pure Soul~想い出の雫~」原作版(未完結)を順次、再アップしていきたいと思います(なんちゅう場繋ぎっ!!)。

 知らない人の為に明記しておくと、当サイト「ツンデレオーディション」などが出来る前からあった「ココロのドアを開けて見て。」で掲載されていた小説的なお話。携帯小説というものが、今では流行っているが、それ自体もまだ流行っていなかった時代にWEBサイトでコツコツ見れるように意識した執筆をしていたみたいなので、1回1回が短い。
 今から5年以上前に掲載(しかもその掲載する前の期間も長かったので実際はそこからさらに数年前)されたお話なので、話の良し悪しにかかわらず、懐かしさいっぱいだ。

 見たことある人、ない人も、暇つぶしとして読んでおこう。

Continue reading

  • Comment (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

X-BEATのレジストリ情報をこっそり公開

 DPお助けソフト(配布終了済)は、実は色々と機能が隠されていたんですが、その公開を待たずに終了してしまった。オンラインで自動更新される仕組みだったので、ソフトからアクセスする毎に様々なことができました。
 数々のダンパラ(+Audition)のエラーに対応するために、個人がわからない形で情報収集(個人を特定する目的ではなく、画面設定やデバイス、レジストリ、CPUなど、コンピューター情報が主)した結果、入れなかったAuditionに入れたり、エラーが出た人には原因調査の為に役に立ったりと、非常に有益なソフトでした。ネクソン社員さんがHPを見てるだけじゃなくてちゃっかりDL(しかも履歴から見ると2台以上?)してたのには謎でしたけどっ。
 あくまでもお助け的な位置なので直接ダンパラをいじっていた訳ではないんですが、その収集した情報の中に「画面サイズ」情報があったので、今頃公開しておきます。
 アンケート形式で読み取ったのではなく、画面サイズをそのままプログラム系由で自動取得したものです。

 公開って言っても本当に対して良い情報はないです。情報収集する目的ではなく、エラー解決目的だったので・・・。ついでに、画面サイズはほんとにばらばら。しいて言うなら、1280x960のサイズが多かった。っというか、なんていうか、4:3サイズが多かったです。まだ、HD動画などが流行っていた時期ではなかったからでしょう。メモリ容量は、512MB、2048MB、256MBの順ですね。

 あとは必要ない項目だったり、規約上、他の情報は非公開。

 レジストリ情報についても取得していたので、せっかくなんで現X-BEATで公開されていない情報を教えてしまいます。レジストリは上級者しかいじれない聖域、ようするに、アイドルのパンチラのようなものなので、興味あっても見てはいけません。あなたのPCを壊してしまうかもしれないので、自己責任で。

Continue reading

REDBANA、Auditionコミュニティメンバー募集

既に募集は終了しています。2009/4/15(JST)現在

 REDBANAのリンクを全世界オーディションリンクページに先日追加しました。
 これは、なんぞやってことで、ようするにネクソンアメリカに変わる第2のパブリッシャーって訳だと思いますが、現在その運営が決定され、ボランティアの募集をしているようです。
 なぜかといえば、Auditionの開発で忙しいからユーザーはユーザーで、コミュニティの方は盛り上げてちょ。ってことですね。

 応募には日本人でも可能みたいですが、いくつか条件があります。

  • Good English Skills(ちゃんと英語を話せること)
  • Active member on an existing forum(ようするに、フォーラムを盛り上げるということ)
  • No infractions in any previous forums(フォーラムで違反したことがない)
  • Some experience in moderating forums(フォーラムでの適度な対応経験があること)
  • Organization skills(組織上の常識力)

 フォーラムってのはようするに、日本流で言えば、「スレッド」のことを指します。
 名前、ハンドルネーム、生年月日、国(どのタイムゾーンか。日本はUTC+9)、オンライン時間などを明記して所定のメールアドレスへ応募せよとのこと。

 まぁ言語は英語なんで、辞書や翻訳サイトを使用して、敬語で話さないめんどくさい人なんかもいるんですが、通常の企業宛英文メール程度が出来るならば、別にかしこまる必要はないでしょう。参加してみますか?w

理想のキャラクター像 VS 理想の彼女タイプ

 「jamさんって(恋愛対象的に)好きな人はいますか?」

 この質問の答えは「NO」である。
 当方はみなさんのご存じの通り、独身で、ぴちぴちのおにぃさんであるが、エロ本や雑誌、DVDといった性的要素がある作品を、人生一度も持ってないということを話すと、皆さん驚くと言う。なんていうか、あまり他人に興味がない性格らしい。

 じゃあどんな人が自分のタイプなのかと思い、冷静に箇条書きで並べてみた。自分の好きな人は、こんな感じ。

  • 細かいことに気が付く人。
  • 髪が茶色でない人。
  • ピアスをしない人。

 ようするに、パンツが派手でない普通の少女をですね。好んでいるんですね。
 しかし、人間ってのは不思議なもので、自分がこれは絶対条件!という目安があっても、それらを打ち破って好意を持つ人って現れることもある。それはやっぱり、「絶対条件」というくくりがあったとしても、101回目のプロポーズのように、世の中には不思議なことが転がっている。

 理想と現実は違うものなのである。

 本当にリアルで、パーフェクトなツンデレな人がいたとしたら「べっ、別にあんたのことなんか好きじゃないんだからねっ!」って言われたら、リアルに落ち込みそう。だから、好きなタイプにはツンデレってのは入れてない。これは、

 3次元の人なんて、男女全員、2次元には勝てないがなっ!!

 と思ってる証拠であり、むしろ、2次元を3次元に持ってくる秋葉系ユーザーが許せません。

 好きなキャラクターは確かにいるけど、そのランキングでも、リアル志向を重視するなら、「唯井ふたみ」(いつか、届く、あの空に。より)が好みかなぁ。

 でもまぁ、冒頭のことを聞かれた時は、なるべくこの答えを返すようにしている。発言前に、何処かここではない遠くを見て、一呼吸置くのがポイントだ。

・・・俺は、いいんだよ。

このぐらいは、昔からやっているユーザーでは普通らしい。

 日本語版オーディションがまだ「Audition(仮)」の時代だったころ、韓国オーディションはEmpasAuditionで、チャネリングサービスを除くとEmpasAudition→BugsAudition→ClubAuditionと続きました。
 日本では、Audition(仮)→Ryzme→ダンシングパラダイス→X3(仮)→X-BEATと名前を変えて、パブリッシャーも次々変わり3つ目です。

Audition Music

Continue reading

Audition2、中国版正式名称決定

 T3エンターテイメントが正式に中国オーディションの「Audition2」(The9)として運営する正式名称が決定。タイトルは「快乐星期舞」の模様。
 名称が違うのは、今の中国オーディション「劲舞团」を運営している9youが「劲舞团 2」というゲームを開発してしまったので、こうなったみたいです。

T3

「けいおん!」が今、熱いっ!!そして、かわいい。

みお
↑クリックで壁紙サイズ1024*768になります。↑

けいおん!」(アニメ/CD)
京都アニメーション・2009/7
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード らきすたのような、リトルバスターズのような、CLANNADみたいなアニメ

 なんだか最近、自分の周りで、「けいおん!」を見ている人が多いです。やはり期待の京都アニメーションが製作した作品なので、視聴率もいいんでしょうねぇ。監督・キャラデザも有名な人なので、かわいさも満点で、地上デジタルで録画したベースの子(名前失念)もデスクトップの壁紙にしてしまった・・・。

 うひょ。

 OP曲もそんないい曲じゃないなぁ・・・と油断していたら、放送終了後いつのまにか、頭の中でOP曲がぐるぐる回っているというとんでもないことに。

 今回は、しょっぱなからブルーレイディスクでも発売するらしいので、京アニファンとしては買うしかないよなぁと。

X-BEAT update,今、アニソンが熱い!(カバーだけど)

 最近、アニメをよく見ます。今までは秋葉系?何それ。萌え要素ちりばめればいいってもんじゃないよこらっ!っていう感じでしたが、今では主題歌を聞くだけでどんなアニメ曲なのか分かる位になりました。別にアニメ曲だけじゃなくて、ドラマ主題歌とか、泣きゲー主題歌とか、映画主題歌とか、なぜか主題歌ばかりわかるようになりました。
 このまま突き進むと、変な方向に行きそうです。

テクノポップ☆アニメテクノポップ☆アニメ ってことで、前々からアニソンがアップデートされているX-BEATの楽曲ですが、さらに新たにアニソンがまたまた入り、カバー曲で踊れるようになっています。

 しかし、主題歌がわからない人もいると思うので、おさらいをしておきましょう。

テクノポップ☆アニメ
1.AIR::鳥の詩[5:21]
2.ぼくらの::アンインストール[3:25]
3.魔法少女リリカルなのは::innocent Starter[3:20]
4.魔法少女リリカルなのはStrikerS::SECRET AMBITION[3:03]
5.ひぐらしのなく頃に解::奈落の花[2:38]
6.新世紀エヴァンゲリオン::残酷な天使のテーゼ[3:07]
7.スレイヤーズNEXT::Give a reason[2:52]
8.D.C.~ダ・カーポ~::サクラサクミライコイユメ[2:56]
9.らき☆すた::もってけ!セーラーふく[4:00]
10.円盤皇女ワるきゅーレ::Agape[3:04]
11.創聖のアクエリオン::創聖のアクエリオン[4:52]
12.蒼穹のファフナー::Shangri-La[3:30]
13.涼宮ハルヒの憂鬱::God knows...[4:25]
14.灼眼のシャナ2::JOINT[4:36]
15.灼眼のシャナ::緋色の空[3:56]
16.涼宮ハルヒの憂鬱::ハレ晴レユカイ[3:30]
17.みなみけ::カラフルDAYS[4:03]
18.デジモンアドベンチャー::Butter-Fly[3:12]
19.撲殺天使ドクロちゃん::撲殺天使ドクロちゃん[3:56]
20.さよなら絶望先生::人として軸がぶれている[4:14]

 あなたはいくつ、聞いたことありますか?

ヘルプシステムが、かなり分かりやすい。

HELP(カップル31モード)

 忙しすぎて、すっかりブログ投稿を忘れていましたが、先週の木曜日に本家オーディションへヘルプシステムみたいな機能が入りました。F12でモードの説明が見れる機能なので、非常に分かりやすくなりました。ざっと読んでみるとBeatupは、100コンボで1.2倍スコア、400コンボで1.5倍スコアとか、そういった詳細情報まで書かれているようです。
 ちなみに上の画像は、噂のカップル31モードの解説ですね。

 それにしてもここ数か月、本家は連続でコマンドが増えすぎですね。色々と頑張ってます。
 オーディションのコマンド(ダンスモーション)を実際に作っている(提供している)人の作成していた動画を数か月前に見たんですが、やはり本場は違いますね。機会があったらここでもいつか紹介しましょう。

 そして、X-BEATの方も、新規モードはまだまだ入ります。
 風の噂では、ビートラッシュNPCより先に、ビートアップチームモードが入るみたい。ってまぁ、ここで紹介することはほとんど噂でもなんでもなく、事実な訳ですけど。もうそろそろですね。

 とりあえずX-BEATは、そんなのはどうでもいいから、FPSをあげる為にこんな設定をしても、Auでは1人で踊れば170fpsという爆速fpsなのに、日本では61fpsを超えない問題や、曲が少なすぎるこの現実をどうにかしてほしいですね。
 元々、1週間に5~8曲がアップデートの目安なので2週間だったらやっぱりもっとほしいね。いずれにせよ、(ダンパラ公式アンケートではダントツでアニソンとJ-POPが人気だったけど)アニソンにしてもJ-POPにしても原曲が入ってないから肩透かしを食らったような食らってないような気分だし、うっかり自分はニートになっちゃいそうな気分ですね。

エープリルフールイベント、今年もリズミィ仕様に。

エープリルフール 毎年毎年、色々なサイトがエープリルフール仕様になっていましたが、テレホーダイ時代じゃないのだから、ゴールデンタイム(インターネット上のゴールデンタイムは夜中を指します)の時間帯は、人気サイトはサーバーが落ちないようになってほしいですね・・・。

 さて、毎年恒例ツンデレオーディションのエープリルフールの4/1特別仕様HPですが、今年もリズミィです。本当はYouTubeかダンシングパラダイス仕様にしようとしたんですが、時間不足なのと、ダンパラのサイトそういえば保存してないよと思い、結局こんな形になりました・・・(HTMLの製作約5分)。

 どーんw

 つうことで、せめてものお詫びに「オリジナル曲人気投票でランキング上位だった曲のMP3が全曲ダウンロード可能」としました。今までネットにも転がっていないかなり古い貴重な音源が多かったので、昔からのプレイユーザーは満足されたのではないでしょうか。

 っていうか、エープリルフール、誰かこのサイト作って下さい><

 もうさすがに来年は、リズミィは飽き飽きしてきた感があるので、違うのにしたいね。

 あと重要事項ですが、うーたん●のポロリはありません。昔は、mixiで胸が微妙に見えてるえっちぃのを公開していた記憶はありますけどね。

Home > Archives > 2009年04月

Search
Feeds

Page Top