Home > Archives > 2009年08月

2009年08月

ツンデレ管理人、多忙を極め、病院で簡易手術

 冗談抜きでマジで手術。

 しかも、治ったと思ったら再発してるんで、明日また病院へ…。

 閑話休題。
 ツンデレオーディションへ携帯電話からのフルアクセスの制限を解除しました。今までは、携帯電話からのツンデレオーディションへのアクセスを拒否していましたが、最近の携帯電話というものはすごいらしいので、一部コンテンツを除き、2009/8/29~基本的にアクセスできるようになりました(例外除く。ツンデレ度チェックは引き続き規制)。

 ただし、観覧時の動作は保証しません。自分の最新携帯でさえトップページでさえ、見れないし。

 PS3,PSPからのアクセスも特別ページにアクセスされ、ツンデレオーディションへ現在アクセス出来ませんが、まぁ、なにはともあれ、頭痛いっす。

X-BEATにGMが初登場、KrAuditionは、INSANE OPTIONが登場!

INSANE OPTION

 まず、X-BEATにイベントとして、GMが初登場しました。時間帯が、仕事の一貫的な雰囲気で、GMがまったりとユーザーと遊ぶ雰囲気ではなかったみたい。しかし、実質上、ダンシングパラダイスではGMはいなかったのだから、GMが日本語版オーディションに登場するのは、リズミィ以来ではあるね。

 また、韓国オーディションはパーフェクトのさらに上の判定のようなインセインオプションが登場。
 ちょっと複雑と思える事項もあるが、基本的にはパーフェクトの最大P点と覚えておけば支障はないと思う。ただ場合によっては、パーフェクトよりもグレイトを出した方が良い場合もあり、やり方次第でさらに高得点が狙えるオプションである。
 さらに言えば、今まで韓国では普通の曲でも100万の点数位楽勝に行ける位だったが、今回のオプションでさらに拍車がかかって、パーティパーティなんか簡単に200万のスコアに到達できるようになっています。

参考
インセインオプション解説

ちなみに、自分は2日でクリアした。コミケ行ってないしね。

逆転検事逆転検事

 今まで一番おもしろくなかった気がする。
 けど、逆転裁判シリーズは発売当日からずっとプレイしてきたゲームシリーズなので、一般的な目からしてみたら、結構面白い部類に入るゲームである。ちょっと今回は、諸事情に付発売美当日にプレイできませんでしたが、それでも、きっちりプレイ。

 唯一どうしても気になった点としては、過去の主人公ナルホドクンが出てこなかったことだろうか。マヨイも出てきてほしかったし、もっと居次元ギャグやパロディも入れればいいのにとか思ったりするのだけれども、まぁ、続編に期待したいシリーズ。
 主体となって進める人が変わるとやっぱり作品の面白さの核も下がってしまうのが残念…。

 というより、Windowsもそうだけど、過去に爆発的ヒットして販売した自社の製品ってのは、それを超えた面白さ・便利さを出すソフトを出すのはなかなかいつの時代も難しいんだよね。

ツンデレ管理人、携帯電話に苦戦する。

 IT業界に勤めておきながら(ニートじゃないよ)、携帯電話を持っていないというめちゃくちゃ素晴らしい人という認識を某友人から受けた訳ですが、数日前に携帯電話をついに購入してしまった。
 実質問題、調子に乗って最初っから飛ばして最新携帯を持ってしまったので、多機能でやり方がいまいちで、まぁ、なんていうか、

 当方の家は、ワンセグ映らない。

 とりあえず、電話帳登録がめんどくさくなって、すでにあきらめモードである。メールを送るのにもだいぶかかったし、色々設定してたら日が暮れた。むかついたので、USBケーブルを買って、PCと繋げて電話帳登録をする予定である。
 というより、最近の子は、打つの早すぎ。昔は英語を打つ人が苦手だったと言うのに、今では英語までさくさく何も見ず携帯電話のブラインドタッチしてるのには、PCを使える当方としても、感心する始末である。


 あともうひとつ。

Continue reading

内容がたっぷりと、異世界観のコラボは、他者にはまねできない秀逸さ!

ギャルゴ!!!!!ギャルゴ!!!!!
ギャルゴ!!!!!6 地上波初登場大全」(ライトノベル)
比嘉智康・MF文庫J・2009/7
オススメ度 ★★★★☆
参考ワード 解決
第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞

 ぬおっ、この作品で、この作者が執筆する作品はこれで終了なんですかね。
 今回は前回の巻と違って、ノンストップ状態とは言いにくい展開だったけれども、最終巻だけに、過去の作品で出てきた地伝のキャラクターが再登場しました。
 あーあおもしろかったで締めくくられるこの本ですが、時系列順に考えるとたった慣行が6冊だったのに対し、かなり1巻1巻の内容は詰まっていると感じた。

 そんなこんなで、愛読書がこうやって連載終了していき、どんどん減っていく一方、昔に連載していた漫画の作者もどんどん復帰しているので、ライトノベル作者も新しい作品書いてくれないかなと思ったところで、当方はお盆シーズンを待ったり過ごしているのでありまする。

WeddingPartyアップデートで写真撮影が可能にっ!

ウェディングパーティ

 2009/8/6付、韓国オーディションアップデートでウェディングパーティの2次アップデートがされました。具体的には、下の通りになります。


  • ウェディングパーティ専用ステージ追加

  • ウェディングパーティの曲の変更 - Wedding Day(130 BPM)

  • ウェディングパーティ専用アバター変更

  • ウェディングパーティ成功条件が簡単になりました

  • ご祝儀支払い方式変更(手入力)

  • ゲーム開始時の演出、及び、記念写真撮影演出が追加

 特に、見学者がご祝儀の金額をプルダウンで選ぶのではなく、普通に入力出来るようになったんですが、レベルによって入力できるDENに差があることが一番のポイントでしょうか。
 モード自体は特に変更はないですが、ウェディングパーティの曲自体が変わるので、色々変わった感じはあるかもしれない。

お願い
 ツンデレ管理人を、2次アップデート以後のウェディングパーティ(ゲームを開始した途端、メンデルスゾーンの「結婚行進曲」が流れる)のリプレイを持っている方、もしくは、プレイ予定がある方、当方を誘ってください。

 こういったところで書くと、自分が周りの話を聞く限り、遠慮する人がたくさんいるそうですが、別に気軽にお問い合わせしてくださっても結構ですよ。

参考
ウェディングパーティ解説(2次update)

旧ダンシングパラダイス、モバイルサイトに異変?

danpara.jpモバイルサイト(当時) 日本のオーディションは、Audition(仮)→Ryzme→ダンシングパラダイス→X3→X-BEATと名前が変化していきました。しかし、PC版のモバイルサイトがあったのは、この中でダンシングパラダイスだけ。
 モバイルサイトと言っているが、ようするに今風に言いかえれば、携帯電話サイトという訳である。

 そのダンシングパラダイスのモバイルサイトdanpara.jpに2009/8/4現在、アクセスしてみると何やら怪しい言葉が…。

 怪しい広告が貼ってあると思いきや、広告も一切なし。
 過去のダンパラモバイルサイトは、4Gamerなどによるとミニゲームキャンペーンもあったが・・・?

 これは何かの伏線でしょうか?
 あと英文を読んでみるとその中に「ニート」という単語があるんですが、これは、ニート達へ挑戦の意味でしょうか。ニートのみなさん、一緒に立ち上がりましょう。

中国オーディション、激動のあれこれ

[CJ 09]どうなる? AuditionそしてWoW,中国オンラインゲーム業界のあれやこれや[4gamer]
 ダンスゲームでは,劲舞団(Audition)を擁する9youが一人勝ちの状況と言っていいだろう。しかし,この状況も来年には一変するかもしれない。 Auditionの運営が来年8月でThe9に移行し,おそらくAudition 2もThe9から公開されているだろうから。  問題は,中国では人気ゲームAuditionは劲舞団という名前でずっとサービスされており,劲舞団の商標は9youが持っているということだ。 The9はAuditionやAudition 2をサービスすることはできても,劲舞団や劲舞団2という名前ではなく,別の名前のゲームとしてサービスしなくてはならない。  9youは,かなり前からAuditionに似た自社制作ダンスゲーム「超級舞者」(Super Dancer Online)をリリースしており,その新作を「GT劲舞団2」というタイトルで公開済みである。驚くことに,現在9youでは,劲舞団,超級舞者,GT 劲舞団2の3本のダンスゲームを並行してサービスしているのだ。ポストAuditionに向けて,9youも抜かりはない。

 このブログでも触れてきた中国オーディション2などの状況について、4Gamerが分かりやすく説明している。
 残念ながらT3が正式にサービスを開始しようとしているオーディション2の方のリリース情報はなかったようだが、ロゴと大きなイラストがThe9ブースであった模様。

 代わりに現在オーディションを運営している9youのブースでは、現在中国で一番盛り上がっているダンスゲームなので、盛り上がり感もあるみたい。

 ただ、来年以降が気になる展開になるのは間違えない。どちらに人が多くつくのか、気になるところだ。

往復はがきを書いたら、なぜか、返信先へ戻ってきた。

 往復はがきって知っていますか?

 往復はがきとは、往信表、往信裏、返信表、返信裏があり、通常の年賀はがきが2つくっついたものと理解すればよいです。ようするに1回相手に出して、相手から再度返信してもらう時に、この往復はがきを使用する。通常のはがきの標準価格が50円に対し、このはがきは往復なので、100円である。

 先日、このはがきを送ったところ、なんとおかしなことが起こった。

 きちんと、往信と返信の住所が間違えなく記載されているのに、本来は往信の住所に送らなきゃいけないところ、返信の住所の方に、はがきが送られてきました。

 おかしい。

 これはおかしいと思い、はがきを出す時のことを振り替えると元々往復はがきって折って、半分に出来るんですよね。今ではパソコンで印刷する為に、折ってないのも売っていますが、この折る面が問題だと気がついた。おそらく、郵便局側の手作業だと思うので、その往信面を内側に折った記憶がある。

 本来、通常売っている往復はがきで折っている面は、往信表面が見える方が外側なのである。

 それで、往信の住所と返信の住所を間違えたんじゃないかと個人的には思っている。

 過去に全然違う人の年賀状や、間違った住所のものが届いたりしたこともあったが、まぁ手作業でこういった作業をやっているのならば、ある意味しょうがない。

 しかし、(返信と往信は切り離せばそのままはがきとして使用出来るけど)、再度郵便局に行って、その趣旨を説明して再送するのは非常にめんどくさいし、そのためだけに郵便局に行くのはめんどくさい。

 世の中にはそれだけでとんでもなく怒る人がいるし、本来発生しない作業量を通るので、客観性からして見ても、大抵の人は理不尽だと感じる人が多い。こういった事例が発生して、今後気を付けて下さいといった趣旨を先方へお知らせし、その先方=郵便局がどういった対策をするのかが重要なところでもある。

 神奈川県横浜市の港北郵便局(こうほくゆうびんきょく)でこのおかしいことが起こったんですが(消印から割り出した)、再度これを発送してもらう時、他の郵便局で頼んだからか、返金・新規往復はがきと交換は出来ないと言われたので、再発送してもらいましたが、その発送した後に気がついたのは、返信はがきに消印が既に押されているので、相手先住所についてから、その相手先が返信する時、当方宛の住所に発送出来ないってことですよね?

 だったら自腹で半額を払ってでも、新しいのを買うんだったぜ・・・。

Continue reading

Home > Archives > 2009年08月

Search
Feeds

Page Top