Home > Archives > 2010年01月

2010年01月

あのコンテンツの非公開音声は、いつか公開される?

 実は、ツンデレオーディションの更新回数がここ最近、下がっていることをご存じだろうか。理由は簡単、いろいろ忙しいからだ。それ以外に理由はない。
 現時点でのツンデレオーディションのアクセス数が高いコンテンツは以下の通り。 

①位 泣きゲー紹介
②位 自作ソフト紹介
③位 ツンデレチェック

 というか、トップページの方が全然アクセス数がないのが考えもののサイトだが、正直言えば、メインコンテンツのアクセス数が一位の泣きゲー紹介の100分の一以下ということなのだがそこは突っ込んではいけない。まぁSEOそんなに考えてなかったし、当然の結果だろうと。
 三位のツンデレ度チェックは、Yahoo!ニュースからのリンクや数個のPC雑誌に載っているのでその影響もありながら、三位まで脱落。

 で、本題はこちらではない。以前、ツンデレオーディションのダンパラコンテンツとして、「ハニーオーディション」という企画があった。
 宣伝の割に人気がないと言われていたコンテンツだが、一部マニアの間では高い人気を誇っていて当時はダンパラ以外のユーザーからよく観覧されていた(またダンパラ関係ないサイトからリンクかよと言われてもどうしようもないが・・・)。

 実は非公開だった音声データが存在するのだ!

Continue reading

ミュージックリストがかなり使いやすいエッチ機能update!

Audition

 まず、ミュージックリストがかなり使いやすくなった。クリックしながらリストを選ぶことができ、かなり快適性もある。
 それは機能追加のほんの一部。今回のアップデートはまだまだ奥が深い。部屋の中に入っても音楽が再々生にならず、そのまま音楽が流れる仕様になった。これはかなり嬉しい。また、自分のBGM再生リストなんかも設定可能。音楽の再生/一時停止/停止/次曲/前曲ボタンを使うことができます。
 っていうかこれが便利すぎる。今まではルームDJになった時、いったい選んだ曲がどんな曲だっけと悩んだことがありましたが、曲を実際にプレイして踊らないといけませんでした。しかしそれがもう悩む必要がない。一旦BGMリストに入れて自分で自ら再生すればプレイする前にルーム内でその曲が聞ける為、もうこれが便利すぎる。

 基本的にルーム内のミュージックリストで追加・削除が出来る(削除はタブで変更して選ぶ)。「B」でBGMリストを自分で作成する。マイアルバム機能もかなり便利。自分の好きな曲をリストアップしておけるのだ・・・。

 なんかもう今更かっていう感じはするけどね。

Continue reading

ツンデレうーたん●が、ニートで毎日が幸せそうでうらやましいけれども。

 最近、今この生活を続けていいのかどうかがわからなくなってきた。

 ・・・ということを書くと何か事件があった時にこのブログの記事がネタにされて「予兆はあった。それはブログにこんな記述がある」とネタにされてしまうのである。
 じゃあマスコミが嫌いな話題、人権擁護法案だとか、島田紳助がなぜマネージャーに殴られたのかその「理由」とか文章中にぞろぞろ混ぜて、特集出来ないようにしようとか考えてもやっぱり、この世の中の仕組みがおかしいのであって自分はあまりしったこっちゃないと知らんふりを決め込むのである。

 お金がない時の時期の方がなぜか幸せと感じた。

 今までは「お金がないお金がない」と言っても、最低限の手持ちはあった。
 現在でもお金がないが、前のように本当にお金が全然ない訳ではなく普通に食べていけるおお金があるのである。しかし、ゆとり度で言うと泥沼の差があるので、こんなにゆとりがない(時間がない)中で何年も何年も胃(正確には十二指腸だけれども)を痛めながら動いていていいのかという疑問を持ったからである。

 というか、この疑問は半年前から考えていた。

 当方は数多くの小説類を読んでいるが、「天国までの百マイル」で印象的なセリフがあった。本当の元ネタではないが、やけに印象に残っている。

 「お金がある時には暇がない。暇がある時にはお金がないってね。」

 この言葉に当てはめてみてもと言う方はお金も暇もないんだけれども、どうもこれはこれって気がしてならない。どういったことかというと、実は自分のやりたいことを実現している友達や、有名人と食事に行った時、あるいは、お気に入りのライトノベルを読んでいる時に特に感じることがある。

 「そんなフラグやイベントだらけの人生っていいなぁ。」

 と。ようするに、何も大きなことをせず黙々と仕事をしている毎日がなぜか嫌なのである。いや、仕事自体が嫌な訳じゃない。正確には何か考える暇がない(自由な時間が少ない)のが嫌なのである。現状日本のフルタイム勤務時間は実質8時間である。こんな長い時間を過ごしているとどうしても残り時間で何か特別な夢や趣味など打ち込める暇もない。ましてや、平日疲れた時間を癒すために休日はまったりしようとしてもそんな数日だけじゃ疲れはとれない。

 「バーチャルなイメージがあるもん」

 某ブログからネット交流(この言葉が正しいのかいまだにわからないけれども)していた人から、そんなこと言われたんですが、正直自分はそんなイメージがあるのかも知れない。
 「ちょwwおまwww、最近性格変わってね?ストレスで死にそうじゃね?」とも別の人から言われた。
 どうも最近自分の意志とは関係なく、伝えたい言葉があまり相手に伝わらないことが多く、さらに言えば、一昔前と違って休憩しても疲れが取れないし、先輩に最近毎日電話してるような生活になっている。
 ライフハックな状況を作れてないんじゃない?とか言われてるけど、実際はそうじゃない。もっと本質的な意味で言えば、あの時自分が友人と遊んでさえいればもっと違う未来があったんじゃないかなだとか、なんとなく人生のあみだくじを考える次第である…。
 と同時に自分はあまり動かないタイプである。そりゃあ緊急事態になったら動かざるを得ないだろうけれども、まあ何が言いたいかと言えば何かしら毎日が疲れている気がする。
 心の隙間・・・狭間でカタルシスを楽しむゲームとして巷で有名なシュタインズゲートを最近は、プレイしているのだけれども、伏線が収束すると言うより、ツンデレヒロインもいろいろやばくてお勧め。このゲームをするたびに、自分の人生もこんな伏線だらけだったのかなと思い返すのはもう老後のオジサン的な考えなのだろうか。そしてそれらのイベントを全てうらやましく思うのは、今が不幸せなのだからそう思うのだろうか。

HUEは担当者の名を話さない

AIKAを運営するハンビット社に電話してみました。の件。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9312048

 担当者の名前さえ言わないのはちょっとおかしいね。あの天下のNHNだって担当者名を言ってたのに、HUEは言わないのね。
 アカウントを削除した理由が答えられないのは最近の子供は知らないだろうから、ここでもあえて言わないでおくけど、どちらにしてもあの電話は電話をした人の負の感情の方が優先されちゃって相手に威圧感が出してるのがちょっと微妙。
 言葉の語尾を伸ばす発言は最近の若者には多いので、今どきの人なんだろうけども、もう少しきちんとした人なら、もっといい対応をしてもらえたんだろうなとは思うね。

 HUEもHUEで担当者の名前を言わない他に、Qに対するAが甘い。とりあえず謝っても「なぜ」起きたのか、「なぜ」そうなっているのか、HUEホームページで掲載する前にその事情を言えばいいのに。これだと完全なトップダウン方式なのでボトムアップな意見が通らない可能性が高い。該当部署にこの件を移動させるだけ。

 このブログは、訳あって様々な会社の方(もちろんHUE含む)の方が観覧しているので、詳しいことは書きませんが(というかそもそも仕事で死ぬほど忙しい)、X-BEATを運営しているHUEでこの話が起きたのは残念。

 まぁ何が言いたいかと言うと、

 みんな暇そうでいいな・・・

正月早々、風邪引いて、喉が痛いです。

 好きなリスト(2009/1版)。2008/8にも同じような記事をあげたが、あまり変わっていないか。まぁ、ここで上げている作品はほとんど好きだけれども、まだ上げてない作品の中でも好きな作品はたくさんある。ほとんどの泣きゲーは好き。


好きなキャラクター(男性)キョン[涼宮ハルヒの憂鬱]
好きなキャラクター(女性)牧瀬紅莉栖[Steins;Gate]、朱鷲戸沙耶[リトルバスターズex]、宇佐美 ハル[G線上の魔王]、羽山 海己[この青空に約束を―]
好きなライトノベル迷い猫オーバーラン!えむえむっ!バカとテストと召喚獣タイム・リープ(高畑京一郎著)、とらドラ!声で魅せてよベイビーわたしたちの田村くん半分の月がのぼる空涼宮ハルヒ
好きな漫画I'sあねどきっ初恋限定。いちご100%涼風わたしたちの田村くん(コミカライズ)、かえで台風りりむキッス
好きなアニメef - a tale of memories.とある魔術の禁書目録
好きな声優(男性)若本規夫杉田智和
好きな声優(女性)田口宏子
好きな映画トイストーリーシリーズ、天使にラブソングを名探偵コナン
好きな音楽FripSide系全て、Steal Away-Park Ji Yoon(K-POP)、Time goes by-Every Little Thing(J-POP)
好きなTV番組マジカル頭脳パワー(日本テレビ系列/放送終了)、炎のチャレンジャー(朝日テレビ系列/放送終了)
好きなゲーム(泣きゲー以外)Steins;Gate(XBOX360)、スターフォックス64(64)、逆転裁判(NDS)、バンジョーとカズーイの大冒険(64)、Ever17(PC/PS2)
好きな泣きゲー車輪の国、向日葵の少女G線上の魔王

「この味がいいねと君が言ったから7月6日はサラダ記念日」by俵万智(俳人)

 ということで、皆さんあけましておめでとうございます。去年は忙しい割にたくさんのことをしたような気はしません。
 今年は一体どうなるんでしょうと言っておきますが、実は忙しくなることは目に見えている訳で、まぁ何が言いたいかと言うとニートになりたい

 色々と考えていた企画やらサイトやらなんだか中途半端で、エロサイトを見る暇も、おけいさんも称える暇もなかったんですが、実際X-BEATで遊ぼうと思ってるんだけど、遊ぶ暇がめっきり減りましたね。むしろちょっと起動してもこれってどうするんだっけと浦島太郎状態で、同時に周りの人が全く知らない人なのはまた悲しい事実。
 でも、「好きだから」という理由でやっていた何もかもな出来事はいつのまにか「好きではない」に変わっていることはほとんどありません。
 それが物だったり人だったり何かを指して「好き」という対象が違っても例外はあるにせよ、少なくとも今はあまり変化がなかったりする。
 あーあの頃は良かったなと懐かしむのはいいけれども、それ以上にその懐かしさを現在に活かす時間さえもなく、同時に新しいものを得ようとしても、それはお金が必要だったり、勇気が必要だったりと様々な山がある訳で、まぁとりあえずそんなまどろっこしい比喩を使用していないで今年も共に遊びましょう、頑張っていきましょうということを言いたい訳です。

 オンラインゲームを始めた日というのは、プレイを開始したその日だけではありません。1年ぶりにプレイする時だって、誰かが特別な日と決めた日だって、「記念日」となるのです。このかけがえのない毎日に終止符を打ちながら、泣きゲーで心を潤しながら、今年もツンデレオーディションをよろしくお願いしますね。

Continue reading

Home > Archives > 2010年01月

Search
Feeds

Page Top