シミュレーションラブ

幸せがない人生なんて無意味。まぁ、自分のことだけれども。

世の中は嫌な事ばかり。幸せが見つからない限り、ある日突然いなくなる人だっていることは、納得は出来る。

 友人が「慰め会」という名目で自分を祝ってくれた。

 2011/10/16(日)は情報技術者試験だったのだが、先週起こったある事情により、当方は精神的に行けなかったのだがそれを知っている方々が祝ってくれたのだ。

 しかし、迷惑過ぎる!

 まぁそれはそれとして、人には幸せパラメーターってのがたくさんあると思うのですよ。
 「生きていればきっといいことがあるよ」とか言う人がいるのも間違っている。それは単に「良いことがある」というのは期間的にも長く生きていたらそれはそれで確率論的な意味合いでひとつはいいことがあるのは当たり前。
 それを上回るやなコトだって絶対的にないとは言い切れないし、そんなことを言う人なんか、自分の目の前で言ったら説教する自信がある。

 最近寝不足気味で残業だらけで会社泊まりでショック続きだからもう自分なんか何するかわかんないもんね!!

 そんな時に落ち込んだ人なんかに言う言葉として効果的な言葉とは

 「●●さんにとって、明日は良いことがありますように」という言葉。

 これなら明日良いことがなくたって、言われたことによって(その人がこの言葉が言われた人のことを考えてくれているので)少なくともマイナスなイメージは受けないと思う。

 言葉には力がある。

 「女性だから」「韓国人だから」とかなんか言葉を話している人を見るとどうしてもイライラしてしまう。「●●さんだから」とどうして言えないんだろうと。別に差別的発言を責めているわけではなく、一人の人が該当するだけで、ひとくくりとして話す人がいるけれども、それはどうしても納得が出来ない。一人が悪い人でも、他の人は良い人だっている。そういった人をひとくくりにするのは間違いであると思う。

 つかまじで、幸せってなんだろうってほんと最近考える。
 もちろん自分より不幸な人がいるのは百も承知。
 でもさ、やっぱり、(幸せ度が高い)上にいる人たちはいいなと思うわけです。
 そんな人たちは下の人たちのことを普通は考えない。
 だから、自分は何か悩みがあったらその人のことを考えてあげるし、必要だったら行動もする。でもそれだけ。

 そして、自身のことをなんなのいったいなんなのと友人へ叫ぶひととき。

 平和な世の中で、影でこっそり周りを楽観視しながら過ごせるのは、本当に(生きているだけで)幸せというカテゴリに入るかどうかは、疑問が浮かぶと思う今日この頃。ため息が多いと本当に多くの人から言われる。

 楽しく見せるのなんて、見栄えなんか考えない人なんか完璧に演じられる。
 でも、悪いときは悪いことが重なる。それはいいことが見えないから。持論だが、バカは風邪引かないってのはバカは風邪に負けないほど強い体を作っているわけではない。風邪をひいていることに気がつかないからである。同じ考えでいいことに気がつかず悪いことばかりをピックアップする。

 だからウツる。

 で、そこまで分かっていて自分は何が言いたいかというと。
 やっぱり(幸せが)上の人はいいなと思っちゃう訳ですよ。ほら、イケメンとか美少女とか。悩みのレベルが違うし。はぁ・・・。

Posted by iamweak - 2011年10月17日 00:22 | トラックバック (0)

この記事のトラックバックURL


※TBは、当サイトへリンクが無いと自動拒否されます(承認制)。記事に関係ないTBはご遠慮願います。

この記事に対するトラックバック

この記事に対するトラックバックはまだありません。



Powered by Movable Type 3.33-ja and Wandering Wind
Copyright : (C) iamweak All Rights Reserved.